西江“羚羊峡” 
     老坑へ向かう舟からの展望
端渓硯坑採掘禁止令の情報へ
  硯の頁トップ みなせH.P.トップ

 
肇慶市中心部から広東方向へ約15Km戻った「后瀝村」。そこから老坑へ渡る渡船が出る。
乗り場を出た渡船が「羚羊峡」半ばに差し掛かったとき撮った「老坑へ至る峡南船着場」遠望
羚羊峡の中程ですれ違う「西江」を航行する舟。 多様かつ多数の船が航行しています
老坑を含む端渓各坑=旧来の採掘坑=は1998年から全面的に閉鎖されました。
老坑・坑仔巖・麻子坑、更には宋坑などの有名な、且つ高品質な硯石と外観(色調・石紋などの見た目)が実によく似た、しかし硯としての基本品質が著しく異なる原石が沙浦地域(峡南:坑仔巖や老坑採掘坑の在る燗柯山=斧柯山の東方地域)から採掘され、「老坑、坑仔巖、麻子坑、宋坑 ・・・」と偽りそれぞれの正規品として多数流通している様子です。  
☆沙浦坑区? 半辺山坑?

山口 j一

  「 端渓のまことを伝えたい 」のトップへ