「篆刻」の基本から篆刻必需の道具・材料ご紹介の頁
印印印材 印泥 印刀 印床 印褥 印矩(印規) 印箱 印入(有馬籠) 篆刻二面硯 印箋 印箋用紙 連史紙 拷貝紙
印盆(印合) 朱墨 印泥用「あぶら」 印面磨(金剛沙/耐水ペーパー) 木刻新素材「彩玉ボード」、などの篆刻素材、用品
杭州「西冷印社 研修生」刻字済「遊印=冠冒印=引首印」 &「落款(一字)印」・・・
 
篆刻 ≪篆刻≫ それは東洋アート必須の『落款印』を刻すこと。 またはその作品印。
 商品案内トップ頁へ H.P.トップへ
 
印材・印刀・印泥・印矩・印箱・印褥・印床・・など≪篆刻の用具・用品・材料≫の頁
 
 
「方寸の世界に宇宙を宿す」と表現されるほど気宇壮大なアート、それが篆刻の世界です。
 
篆刻とは?  
篆刻印材「巴林石章」への拠点「赤峰の風景」
(赤峰市 紅山公園にて)
篆刻の基本は中国古字「篆書体」を刻すこと。この篆刻を施した印をオリエンタルアートの代表、墨を基調とする芸術「書、水墨画、国画、南画」などの作品に押印する。押印する箇所・目的により「落款印」「冠冒印」「遊印」などと呼ばれる。主材料は中国各地で採掘される「寿山、昌化石、青田石、巴林石、新彊石、長白山、芙蓉石」などの石材(印材)であるが石を用いず「竹根、金属、象牙」などに刻されることもある。基本を離れ「楷書」「行書」「草書」などを刻したものも散見される。
篆刻材料「巴林石章」採掘の拠点、赤峰の「巴林奇石館」  
篆刻とはは中国古字「篆書体」を「印材」にARTとして刻すこと。
篆刻に用いられる印材は基本的に「石材」。
東洋アート必須の落款印、落款印を刻す「篆刻」、この篆刻を施した印はオリエンタルアートの代表たる「書、水墨画、国画、南画」などの作品に押印される。
押印に使用する朱は「印泥」。
印泥は硫化第二水銀+印泥作家秘伝のあぶら+「蓬」とされる素材を練り合わすことにより製作され、有名なものに光明 美麗 箭簇 古色 宝藍 牡丹 十彩 式熊 金色 銀色 樟州印泥 などがある。
押印する箇所・目的によりその「篆刻印」は「落款印」「冠冒印」「遊印」「引首印」などと、また篆刻様式により「朱印」「白印」「陽印」「陰印」などと呼ばれる。

篆刻に必要な素材・材料 ⇒ 青田印材 青田青白印材 芙蓉印材 鶏血印材 昌化鶏血印材田黄印材など印材をはじめとする篆刻素材、呉昌碩印刀 上海印刀 上海新合金印刀 GPZ印刀 ハイスピード鋼印刀 学生向き印刀 等の篆刻印刀、光明 美麗 箭簇 古色 宝藍 牡丹 十彩 式熊 金色 銀色 樟州印泥 などの印泥・・・その他の篆刻必需品「篆刻用印褥 篆刻用印矩 印箱 篆刻用印箱 篆刻用印床・・・」等を取り扱う。
篆刻用品・篆刻材料の販売 通信販売 通販。篆刻教室の運営。
                 
篆刻印影の鑑 故宮博物院編 新華書店発売 古爾文編
故宮博物院編 新華書店発売 古爾彙編     
 
 
 H.P.トップへ
「篆刻」、篆刻材料・篆刻素材などのご案内頁へ




Copyright(C)2000 SOUICHI YAMAGUCHI All right reserved.
このサイト内のすべての記事、写真等の無断転載、コピー等を禁じます。