「よい紙、悪い紙」「合う紙、合わない紙」「にじむ紙、滲まない紙」 ・・・ ???
紙トップへ みなせトップへ
 
  よい紙悪い紙 合う紙合わない紙 合う合わない 紙の適不適 紙の向き不向き

個々の書き手(=紙の使用者)にとって「合う紙」「よい紙」:
使用者が、或いはその師がいずれかの書道研究団体(書道会)に所属される場合、
「好まれる紙の方向」はその所属書道会により全く違う性質に向かいます。
書き手個々は、それぞれの書環境下(=所属書道会など)で常用される紙に慣れその紙質が丁度
よい紙と感じられる筆法が身につくからです。
独学の場合は、
  自身が書き親しんだ性質を持つ紙=書き慣れた紙質の紙が書き手本人に「合う紙」「よい紙」と
  捉えられるようになります。
初心である場合は、習おうとする書環境(師の属する書道会が主として使用する紙質)により、
独学では書き続け書きやすいと感じるようになった紙が、それぞれにとっての「合う紙」「よい紙」と
言う結果になります。
  個々の書環境により「合う紙」「よい紙」、とする紙の性質は大きく異なるのです。

現在ご使用中の紙の紙片、書き潰しでOKです。
  紙現品をご提示いただくことでご希望者それぞれの「紙質基準」を構築、
  ご希望内容とご提示いただいた紙との対比によりご希望紙の方向を見定め、適切と考えられる
  紙をご案内します。
  ご提示紙の紙質と比較して、どの方向の紙を望まれるのか、を見定めるまず第一歩として
 「ご提示紙と同等の厚み、にじみはより少ないものを」「提示紙より少し薄い紙を希望」「提示紙比、
  より紙面抵抗感の高いもの=紙表面が粗いもの」・・・、
  等々のご提示比「紙質の変えたい方向」をご連絡ください。
  加えて、いずれかの書道会に加入されている場合は所属される書道会名を、
 「毎日展、読売展、日展、・・・」などの公募展に参加する書道団体名にてお知らせ下さい。
  一例
   @ ご提示紙が≪純手漉画仙紙「ZX46H」≫とします。
  書画向けに製造されている手漉画仙紙100種を無作為に選び出したと仮定した時、
  無作為選出手漉画仙紙100種中「ZX46」はやや「薄口」の部類の画仙紙です。
  具体的な「ZX46」比で「これよりヤヤ厚い紙、少し滲みの多い紙、・・・。或いはこれの反対方向」
  などと、希望される画仙紙の方向を示していただくことになり、一定の範囲としても「ご希望の方
  向に沿う画仙紙を判断し ご案内」することが可能になります。

  現在使用されている、または考えられている=望まれている=紙がどの程度 の厚さなのかを
  測る基準未構築の状況下では、
  紙現品(紙片。書き潰しでOK)のご提示をい ただかない限り厚薄、・・・、等々の紙基準判断の
  下しようがないのです。

  紙の厚薄等々にかかるお問合せ人様の紙基準情報、
  つまりは紙現品のご提示なく「にじ む紙、にじまない紙、厚い紙、薄い紙、・・・」などとの表現だけ
  でお問合せ人様の慣れ=お好みに準じた紙基準を判断することは不可能なのです。
  例えば「滲み」。
  希望されるにじみの基準が、画仙紙紙種全体の中でどの範囲のにじみを指すのか等々
  の基準点が不明、
   この時点でどの紙がお問合せ様にとって「適度な滲み」なのか、「滲みが少なすぎる」紙なの
   か、「滲みすぎる」紙なのかなどの判断は不可能、であるにもかかわらず 「丁度あう紙」等と
   称し何らかの紙をご案内するのは、ただただ偏に「販促」を目指す商法に過ぎません。

★ 現在使用されている紙(書き潰し、紙片でOKです)をお送りいただき、
   ご提示紙と同程度の紙を探されているのか、
   違うものを求められている時はどの方向に違うものを探されているのか、
   などのご希望の方向 性をお知らせください。これらによりご希望に適応すると考えられる製品
   をご案内します。
以上簡単ですが・・・・山口j一(山口そう一)
商品紹介トップへ問い合わせ |