半紙・画仙紙・料紙などの名前に利用される「本草」?? 紙トップへ みなせトップへ
 
「本草」
この言葉「本草」、「本草紙」は、書・水墨画などに代表される墨を基調とするオリエンタルアートの世界で「画仙紙や半紙などの紙」の名前として使用されることがよくあります。

何時の頃からかは不明ですがさほどは古くない近代、「楮(こうぞ)」を原料にした、または「楮を主原料にした」、更には「楮を紙料の一部として使った」紙=楮紙(ちょし、こうぞし)に付けられた「俗称」のひとつで、
「本草」とは「※※の紙」である、等の定義ある呼び名ではありません。
更に、「本草」の持つ語感から高級、且つ高品質のイメージが強く感じられるのでしょうか、
一部の販売ルート、或いは販売者は、色々な「楮紙&楮を含む画仙紙」、或いは「楮紙に似た雰囲気を持つ紙」に好んで「本草」の名を採用しています。
時には、紙料とは関係なくそれぞれの販路や販売者により、楮紙とは雰囲気的にも無縁の紙の随意の紙にも「本草」の名を採用している例も見受けられます。
大辞林 第二版 (三省堂)には
【本草】
(1)植物のこと。
(2)特に、漢方医術で薬の原料とする薬用植物。また広く、薬用となる動植鉱物を含めてもいう。
(3)「本草学」の略。
広辞苑では
【本草】
(1)薬用になる植物。また、薬草をはじめ薬物として用をなす玉石・木竹・禽獣・虫魚・亀貝・果などの動植鉱物の総称。
(2) (1)の産地・効能などを述べた書物。
(3)本草学の略。  です。
いずれにしましても、本来言う「本草」とは「大辞林」「広辞苑」で述べる意味であって紙の名前、種類を意味するものではないことをご案内します。
ただ、20世紀後半頃から「本草」のなを与えられた画仙紙の多くに「楮紙」、「楮紙」系と言える紙が見受けられます。
本草の持つ言葉の響きと前述の流れから、いずれかそれほど遠くない将来「本草」と「楮紙」が同様の意味として使用される、そんな時が来るのかも知れません。 
以上簡単ですが・・・・山口j一(山口そう一)

商品紹介トップへ問い合わせ |