製紙廃液には公害対策が欠かせない。 出来た紙の安全性は???
  紙トップ みなせトップ


手漉紙であっても多くの場合は、その紙料を叩解し紙漉きに適したペースト状にする時「苛性ソーダ」が使用されます。
が、漉く紙により「灰汁」や「ソーダ灰」を用い、「苛性ソーダ」を使用しない場合もあります。

公害対策として、紙を漉いた後の「廃液」⇒「紙料溶液」を廃棄するとき廃液を処理してから廃棄せねばならないのは紙料叩解時に使用する「苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)」が「強アルカリ性」であるからです。
この「紙料を溶いた液」に「硫酸」を投入し「強アルカリ性」を中和、環境に無害にした後に廃棄します。
しかし、≪漉き上がった紙≫はこの強アルカリ性の苛性ソーダ溶液により処理された紙料で作られているにも拘わらず「苛性ソーダ使用」による問題は全く生じません。
紙に残る「強アルカリ性」は空気中の「二酸化炭素」と反応し直ぐに無害の「重炭酸ソーダ(=重曹)」に変化するからです。
重炭酸ソーダ(=重曹)は調理やその下ごしらえなどに幅広く用いられ、無害であるのはご承知の通りです。
以上のこと、「書で使用する手漉紙」は無論のこと、機械漉きであっても書や水墨画など墨を基調とするアートの世界で普通に目に触れる、そして手に取ることが出来る紙に「毒性」などの心配は不要です。

≪苛性ソーダ≫ そのものの場合:
常温では無色無臭の固体。
試薬としては白色の米粒状やフレーク状であるものが多い。
水に容易に溶ける(20 ℃ での溶解度は 109 g/100 mL)。
水に溶かす際に激しく発熱する 。
苛性ソーダの強いアルカリはタンパク質を腐食させる。
皮膚等に付いたまま放置すると皮膚がぬるぬるするのは、皮膚が水酸化ナトリウムによってとかされ、反応を起こしたものがぬるぬるさせているもの。
直ぐに充分な水で洗い流がし、特に、眼に入った場合失明のおそれもあるので、決してこすらずによく水で洗い、医師の治療を受けること。

漉き上がった「手漉紙、紙」に「製造過程で苛性ソーダを使用していることによる毒性」は全くなく、「苛性ソーダ本体」を扱う時の注意とは無縁のものです。
以上簡単ですがご案内します。
ここでのご案内は、私が知り得る範囲の紙=『書・水墨画などの墨アート』で使用する「手漉画仙紙」「手漉半紙」、及びそれらと同様に製紙される紙=の範囲にとどめます。
山口j一(山口そう一)
商品紹介トップへ問い合わせ |