羅紋硯・歙州硯の産地
商品−硯トップへ みなせトップへ

羅紋硯・歙州硯の産地
歙州硯  
産地:
  安徽省 歙県(ウ)源(「ウ」の漢字体「務」の下に「女」 以下同) の龍尾山と仙霞峰一帯より産出し、龍尾山脈の武渓郷で生産されたものが一番高級であると言われています。

  龍尾山脈は高さ300m強、30kmに渡り連綿と続いています。
  山脈には多くの洞があり、其の中で洞林岩、洗衣坑が比較的有名です。

   注* 
     T:水名、水、江西省東北部にある。
     U:古い地名、州、現在の浙江省金華一帯、元代以前は州と称していた。
羅紋硯
産地T:
  江西省玉山県懐玉山下、錦渓の水辺の近く。

  細羅紋、角波紋、古犀紋があります。
  石質は清らかで、石紋の密度は非常に細かく、なめらかに墨をおろします。

  玉山自体は江西省だけではなく浙江省の江山県にまたがっています。

産地U:
  玉山の内、浙江省サイド゙に位置する場所を浙江省では江山と言い、この江山からも
  採掘されています。

中国現地に詳しい資料を依頼していますが、取り敢えず現時点までに知り得た内容を掲載しました。

商品紹介トップへ