手 漉   半 紙 ・ 画 仙 紙 の 実 生 産 地 情 報 商品案内トップへ
画仙紙トップへ
 
安徽省県で漉く画仙紙、つまりは本来言う「宣紙」にはいろいろな紙種があります。
これら数ある宣紙の内「単宣」「夾宣」・・・などの紙質の一端を示す言葉は「紙名」としても捉えられ、それらの名はあまりにも高名です。この高名さを利用し本来の「安徽省宣紙」、その単宣・夾宣、・・・、等々とは基本的な紙質の方向が、そして品質が異なる他産地の、一例として台湾産の一部の画仙紙を「単宣」「夾宣」などと名付け流通することがあり、この「台湾単宣」「台湾夾宣」などの名前をつけられた画仙紙は幅広い販路で流通しています。 
以下の掲載はこれらの流れにも触れています。  

中国政府より地球環境対策の一環として、画仙紙・半紙とも一部紙料の「工程変更」や「使用中止」等々紙質にかかる製紙工程・紙料に変化が生じています。
中国各製紙廠共に伝承の品質を継承すべく怠りない努力を続けていますが以前までの紙質と多少異なる製品への変化もやむを得ない現状です。
「地球環境対策」の結果としての一部製品の性質変化や、経時変化、そして「手漉紙」として不可避な、且つ、当該業界で許容範囲とされる「品ムラの差」はご容赦下さい。(必ずご確認下さい
⇒ ⇒ 製紙時に出る廃液は地球環境対策が必要なのにその製品=紙は大丈夫?
⇒ ⇒ 全く問題ありません。こちらでご確認、ご安心ください。

“手漉”画仙紙・半紙の実生産地  国産手漉紙の下請・孫請け地のうち 単宣・夾宣等 台湾関連へ
  因州下請紙など 韓国関連へ
T:台湾
紅星牌に代表される安徽省(ケイ)県宣紙は、時代背景により高価、或いは入手難、の時代がある、と言う歴史です。

県宣紙全般の入手が困難、且つ高価だった時代に台湾で作られた県宣紙「棉料単宣」模倣品、その紙質は安徽省(ケイ)県宣紙とは似て非なるもの、見方によりましては全くの別物と言える紙質でしたがこれを「(台湾)単宣」と呼び流通させ、そして人気を集めました。
弊社ではこれらの紙を「“台湾“単宣」の名で販売することは「単宣」の名の大元『(ケイ)県宣紙棉料単宣』と間違え求めようとされるご使用者、県宣紙とはこんな品質なのだ、と誤解されるかもしれないご使用者を生むことにも繋がる危険性を危惧し、そして先ず何よりも「(ケイ)県宣紙」に申し訳ないと、一部が県宣紙模倣品とされるこれら紙種に独自紙名として “千草”の名を与えました。これが弊社画仙紙の「台湾単宣 千草」の始まりです。
更に、その名称に産地・品質等の誤解を与えかねない「単宣」は付けず「台湾画仙紙 千草」として取り扱っています。
「台湾単宣」の成功を基に、やはり安徽省宣紙として名高い「夾宣」県宣紙夾宣の模造品と称する似て非なる画仙紙「(台湾)夾宣」が作られました。
この台湾夾宣は「単宣」の成功とは違う意味で好評を呼びました。
「安徽省宣紙の夾宣」とは全く異なる性質に仕上がりましたが、独特の書き味と深みを持つ紙でしたので「台湾夾宣」として評判になりました。そして、「羅紋宣」も同様の過程をたどりました。

弊社では、「台湾単宣」の取り扱いと同様に「台湾夾宣」の名を利用することは「夾宣」の大元『(ケイ)県宣紙』に申し訳ないと、全くの独自名“恵風”名を付けました。「台湾夾宣 恵風」の始まりです。
単宣と同様にその「恵風」名に「夾宣」名は利用せず「台湾画仙紙 恵風」として取り扱っています。

これら中国安徽省県宣紙模造品の各種は、台湾の人件費高騰につれて台湾の漉元は、かって日本が下請の地を台湾や韓国に求めたのと同様に下請地を開発しました。
先ずは、「泰国」「フィリピン」「廈門」などが台湾の下請地として紙の製造を始めその大部分が台湾経由で日本に輸入されました。一部販路では実際の下請産地名を明記したものもありますが台湾製として流通するのが主でした。
弊社ではこれらの下請品を明確に区別し、台湾単宣⇒弊社名「千草」の下請品=台湾以外での生産品は“千暉”として、台湾夾宣⇒弊社名「恵風」の下請品は“恵山”として取り扱っています。

時代とともに、これらの下請け地は中国本土の「厦門」に先ず製紙基地を設け、徐々に「浙江省」「安徽省」に広げていきました。下請地の中でも有力な生産地「廈門」の一部工場が主となり、更に有利な条件を求め、中国国内でも紙漉地として定評があり、かつ人件費の面からも有利な浙江省の一部や産地や安徽省の一部産地を選びました。
時の流れは実に巧みに歴史を演出します。
安徽省(ケイ)県で造られ大好評だった、しかし高価だった「(ケイ)県宣紙」各種の模倣品を造った台湾が、
その孫請け地として安徽省を選び生産の一部を安徽省に戻したのです(この安徽省孫請生産地は宣紙で高名な(ケイ)県ではなく同じ安徽省黄山地域です)。

弊社では孫請地の「安徽省」で生産している台湾宣紙のうち旧来の台湾と同じ製法「純手漉」製の紙を試験的に契約、試験販売をしてきましたが、生産も安定してきましたので先ず「単宣」を、続いて「夾宣」を2004年から本格的に輸入し販売しています。
下請地の多くが採用する製紙法「簡易手漉=流動式」ではなく実際に台湾で漉いていた時代と同じ「純手漉」です。
「純手漉」であることにより弊社扱いの“千草”を台湾製の「台湾 千草」と安徽省製の「安徽 千草」に区分けしました。
前述と重複しますが、台湾が下請地に選んだ「泰国」「フィリピン」「廈門」は製法が純手漉ではなく「流動手漉」ですので従来通り「千草」と区別し「千暉」名を継承します。
「夾宣」の模造品、本社名“恵風”は、共に純手漉の「台湾 恵風」と安徽省製の「安徽 恵風」に区分けされ、台湾が下請地に選んだ「泰国」「フィリピン」「廈門」の下請夾宣は製法が純手漉ではなく「流動手漉」ですので、従来通り「恵風」の名は使用せず「恵山」名を継承します。

「(台湾)単宣」と呼び流通させ、そして人気を集めました”、と記述しましたが、当時の台湾の製紙環境では安徽省宣紙の「肌理の精緻さ&柔らかさ」を再現することは難しく、少しでも紙質の柔らかさ、漉き目の密度の高さを(ケイ)県宣紙近づけようと紙を漉く時「胡粉⇒多くは“粉”と表現」を混入させました。
以後、台湾単宣は「胡粉」が入っている紙が大部分を占めるようになりました。

台湾の紙漉き現場の技術の向上と共に、「胡粉」を混入させなくても「安徽省宣紙と同等な柔軟さときめの細かさを併せ持った」紙が製造できるようになり、
更に台湾から中国廈門へ、更に孫請けの地「安徽省」へと実生産地が移動するにつれ、その「胡粉を混入させない」=「粉なし」画仙紙も評判が高くなってきました。これが弊社の「華心宣」です。

安徽省(ケイ)県の宣紙のうちでも良くできたと評価される「棉料単宣」よりは多少堅さかが感じられる程度で、同じ安徽省宣紙でもいわゆる「雑牌の宣紙各種」と同等、いや、それらよりは佳いとのご批評も頂いています。
 
U:韓国
1970年代半ば、国産手漉紙の主要生産地のひとつである因州は、高度成長に差しかかった日本経済の中、人件費の高騰・後継者難に悩んだ結果、隣国「韓国」を下請地に選びました。

その下請地「韓国の漉元」のほとんどは、時代の経過とともに正に日本の辿った道そのままに歩み、
後継者難・人件費高騰の時期を経て彼らが生産基地を中国に移すまでにさほどの時間はかかりませんでした。

韓国各漉元はそれぞれの政策から中国の「烟台」「廈門」「芙蓉」「臨安」などに下請工場を、日本から見れば孫請け工場を設けました。工場設置の方法は製造委託、合弁、経営権確保などいろいろでした。

この孫請け地中国各地の製品は一旦韓国に輸入され、韓国での再選別を経て日本に輸入、その多くは「韓国製」として流通してきました。
時と共に韓国紙の多くの部分の実生産地・流通路の情報は日本の業界に広がり、中国工場と接触をはじめる日本業者が現れました。

折しも、韓国企業の一部は中国工場に対する取引諸条件の要求をエスカレートさせ、これに反発する中国漉元は日本に接近を試みました。
中国産地の公司から「漉き工場一軒の経営権を地元中国の工場が取り戻した。この工場との提携を考えないか」との申し出を受けました。
この頃までには、同様の経緯で工場と直接取引を開始した多くの日本販路がありますが、みなせは「製紙工場=漉元と直接取引をしても製品管理と言う問題をどう解決するのか」、の中国取引に付きものの大原点に基づき、工場・製品に関する交渉・管理の全てを、古くから付き合いのある公司の中でも信用度の高い公司三社に話を持ちかけました。
これらに長けた中国公司、それも弊社として長年の付き合いのある公司、その公司の中でも信用度の高い三社に話を持ちかけました。
公司の内情を熟知し、気心の知れた老朋友が文房四宝部門の責任者として在社する伝統の中国工芸品公司三社と製紙・管理・監督の契約をし、以降三社とも(中国実情としての)十分な対応策を打ち出し実行してくれました。

これにより、みなせは実生産地に対応する誠実な管理者を得て製品輸入の幅は広がり、且つ(中国産同等製品としては)安定し、日本各社様よりの委託生産も含め順調な経緯を辿っています。

韓国が因州紙の下請をはじめた当初の因州下請韓国製画仙紙をみなせ名「白嶺」、半紙を「白雪」として発売してきましたが、これらの実生産地中国産地から直輸入した因州孫請けの画仙紙を「板張白嶺」「臨安白嶺」、因州孫請けの半紙を「板張白雪」「臨安白雪」、として取り扱っています。

画仙紙「白嶺」は因州白蘭の下請け品として非常に佳い質を持つ紙として開発されましたが「紙料」の差もあり「因州白蘭」とはヤヤ異なる趣の紙質でした。質の上下手はなく「趣の差」でした。2007年度頃から「因州白蘭の趣を持つ“下請け白蘭”」が製造出来るようになりました。
「下請け白蘭 並厚」 「下請け白蘭 厚口」 二種の因州画仙紙種、各サイズを契約し通関・入荷しています。