印材/オリエンタルアート必須の落款印、落款印を拵える篆刻の主材料 印材=印章/篆刻とは中国古字篆書体を刻すこと

印材:青田石章とは       印材トップヘ
 商品紹介トップへ 篆刻用品トップへ 青田印材一覧掲載箇所へ 印泥 へ みなせトップ゙へ


  印材『青田』ご案内・ご説明の頁です。
 「青田“等級”の変遷」
 / 「青田印材の現状」  「印材寸法の概要」
印材種類 『青田』 『巴林』 『芙蓉』などの「品種」「価格」などはこちら⇒『印材の頁』にてご案内しています。
     表示価格は標準的な小売価格と弊社卸単価=実販売価格です(本体価格)
  ★ 卸価格表示のない製品の卸価格お問い合わせ下さい。 全て卸価格でご購入いただけます。 
青田印材の現況
★ 弊社扱いの印材は中国産地の「浙江芸盛工芸品有限公司=旧公営時代名 浙江省工芸品公司=」 と「上海工芸」の厳選 印材です。
が、中国「一人子政策」の影響による「印材採掘人員をはじめ印材関連現業員の極端な不足」が青田石章の原石採掘から仕上げ段階に至る全行程に多大なる影響をもたらし、2005年頃からその契約価格は契約の都度UPしました。
更に状況は悪化し価格がアップする間はまだ契約出来てよかった、と言える「契約不可能の時期」も、僅かな期間、とは言え出現しました。
これらを経て上海工芸は、「2010年」ころ上海工芸が現在取り扱う「青田石材は「非洲産(アフリカ産)」であることを自ら公表しました。
アフリカ産青田石(上海工芸発表)の拡充により現在では、契約が出来ない、契約価格が継続的にアップする、などは目立たなくなりました。
現在では中国産時代のと変わらぬ品質管理に戻りましたが、アフリカ産原石の使用をはじめた当初2年間ほどは品質が極端に不安定になり、且つ「割れの接着誤魔化し」「欠け等の充填剤誤魔化し」等々を施した印材混在率もそれまでの中国製品率比、際だった目立ち方をするようになりました。アフリカ産原石、原石自体は「鉱物学」では中国青田石と同一なのですが、寸法裁断や印面磨きなどの全てを初経験のアフリカに任せた、がこの不安定期の原因です。
これら仕上げの悪さは3年ほど後にはかなり改善され2015年7月末の上海工芸との契約、10月中旬の通関品は以前からの中国加工品とさほど変わらぬ状況で届きました。 
弊社直輸入の印材、青田印材を含め弊社が扱う印材の弊社内全量検査を実行しています。
が、ご承知通り石外観の「ヒビ、割れ、・・・、の瑕疵の如く見える箇所」と「実際の石の状態」との間に直接的な関連性は少なく、
石外観から「瑕疵」等々を正確に判断することは非常に困難。これが昔から現在に至るも変わらぬ印材状況です。
外観では「瑕疵状に見えるところ」と「実際の瑕疵」間の落差 ⇒ 「ヒビ状に見える箇所でもそれは印材の石模様であり刻しても何ら問題は無い」 「見たところキズはない、瑕疵状のものが一切認められなかったのにもかかわらず刀を入れると割れる。」「前項同様瑕疵状のものは認められなかったのに節がある。」・・等々です。 
青田石も含み、まことに困った印材(石章)状況であり、そしてこれらは篆刻作家のどなたもが経験されご承知のことと推測いたします。
弊社では直輸入印材の社内全量検査で瑕疵検査を実行していますが前述のこと、
何らかの瑕疵ある印材を、確実にピックアップすることは印材の環境からホボ不可能と言えます。 ご了解の下お求め下さい。
青田印材、現状の一端
前項ご案内の、青田を含む印材全般に渡る避けられない品質差、そしてこれらとは別途、明らかな瑕疵ある印材。
天然石材故の品質差に加え検品機関(⇒多くは中国石材廠、印材工場、輸出公司)それぞれの姿勢による落差が大きかった印材安定度ですが、最近はキッチリとした検品が為される例が、比較的多くなり、その善良ルートで「正規品=検査合格品」と判断された出荷品に大きな問題は発生していません。
弊社みなせの印材契約先は、印材廠=工場直接契約比「契約価格」は多少高くなりますが、契約の都度日本から逐一検品に趣き、荷造から船積みまでの経路を確認しなければ、折角検品に立ち会った製品の検品後の確実な追跡ができない「印材工場との直接契約」を避け、
文房四宝輸出公司として中国随一の信用と歴史を持つ公司と多くが知り認める「上海工芸(古くからの俗称)」との契約を、1973年の交易会時から続けています。
青田産地の状況などから、一時期は上海工芸に次ぐ信用の浙江省工芸品公司とも契約をしてきましたが、親しくし信頼していた浙江工芸の文房四宝分野責任者が定年退職した後は全て上海工芸との契約印材です。
検品で「瑕疵あり」と判定された印材であることを承知の上、というよりは最初からそれを狙い「買いたたく」と言う交渉で契約し、
「正規品が如き文言」と「安い」とのイメージを前面に押し出し、中国検品で「不正品と選り分けられた印材」、「売ってはいけないレベルの印材」をあたかも正規品のように説明し販売する。
タダ同然の価格に買いたたいて輸入した検査不合格印材が主ですので、この販者の「見本」を信じ購入した各販路共に、販売する、クレームが殺到する。結果として処置に困る、と言う事態が頻発しています。
 
  
印材寸法 の概要
“方印”は印面部分の一辺、“冠冒印”は印面部分の長辺の概数です。
印面の長さが同じでも「印材丈=高さ」により印材価格は異なります。順次印面長と印材丈の関係を統一していく予定ですが
現在庫は統一されていませんので「高さ表示」は控えています。
★これら商品に通常許容される許容範囲下での誤差はご容赦下さい。
 
表示価格は標準的な小売価格と弊社卸単価=実販売価格です(本体価格)
★ 卸価格表示のない製品の卸価格お問い合わせ下さい。 全て卸価格でご購入いただけます。 
 
 本来の≪青田石章=青田印材≫  
≪中華人民共和国浙江省麗水市に位置する青田県(せいでんけん)の『山口鎮』『季井嶺・図書洞』が青田の歴史的採掘地。この地から採掘される『石章(=印章=印材)』に土地の名をとり『青田(石章)と呼ぶ。西暦300年前後から石彫が行われ2万人以上が関連業務に携わる。工業総生産は約3.5億元に及んでいる。青田石は青田県の工業総生産約3.5億元の18%程度を占めこの地域の一大産業となっている。 出典:Wikipedia(青田県):中国文房四宝輸出公司 :≫ みなせ要訳
 
★青田印章の伝統的等級に基づく「普通青田((≒一般)青田)」石章は、2000年代に入り1ランク上の品質を意味する「青白青田」と呼ばはじめました。これは以下の理由によります。
青田印章の伝統的等級「青田」「青白青田」「特級青白青田」「A級青白青田」・・・等は『基本的な品質差⇒見た目の色差ではなく石の基本品質』がその原点ですが流通路、販路各段階でそれぞれが扱い品を「優位に立たせる策として適時付与した等級」が加わり本来より複雑な「等級分け」が造られました。
結果として「普通(≒一般)青田 ⇒ 最近はこれを“青白青田”と呼ぶ」 「(本来の)青白青田」 「特級青白青田」 「A級青白青田」・・・等の区分けで流通しています。これらは本来「青田」「青白青田」二区分けが基本であり、より上質な青田石章として「藍華青田」などに代表される石質の佳い青田・・・、との細区分けでした。
本来の「青田」枠の石章には「薄青黄色系、灰色系、焦げ茶色系、薄茶系」等々の色合いが混在しています。本来の「青白青田」に似た色合い「薄青黄色系」に人気が集まり日本の輸入業社は挙ってこの色合いに限定した契約をするようになりました。当然のことながら青田として同レベルの「石質」であるのに「薄青黄色」系以外は売れず残ってしまう。どう処理しようか、と考えた中国公司がその石質は青田石章等級として「青田」であるにも拘わらず石章の色合いにより「薄青黄色系」系以外を「青田」、「薄青黄色」系を「青白青田」と新たな区分けをし本来の「青白青田」に「特級青白青田」、「A級青白青田」などの新たな等級を創設し解決策としました。
その後暫くは「青田」とした薄青黄色系」系以外の「灰色系、焦げ茶色系、薄茶系」の石章は「普通青田、或いは一般青田」と呼んでいましたが2000年頃からはこれらをも「青白青田」と呼ぶのが主流になっています。
2009年頃からより「高品質」と感じさせる為の等級表示が広がり「普通、又は一般青田」を「青白青田」、「青田青白」を「上青田青白」と表示する販路が拡大しました。弊社の等級表示は2013年前半にこれらの表示に倣い変更いたしました。

時代の流れに伴う青田石章「等級分け」の変化と広がり
本来の等級呼称 近代~   2000年前後~   2010年前頃~現在
青田 青田 一般(普通)青田 青白青田
青白青田 上青白青田
青白青田 特級、A級、※※青白青田 特級、A級、※※青白青田
上青白青田
青白青田 特級(A級)青白青田   特級(A級)青白青田   特級(A級)青白青田 
 前項と同等級表示になりました
精品・逸品青田 藍(蘭)華青田、醤油青田、封門藍・・・、判定基準は時代、鑑賞人により大きく開き不定
更に流通路、販路各段階でそれぞれが扱い品を優位に立たせるために付与した「如何にも高品質と感じさせる」独自等級が加わり本来の等級分けとは異なる複雑な「等級名・等級段階」で流通するることも稀ではなくなり、
例えば 「青田青白」、同じ等級に置かれ同じ名で呼ばれる印材であっても販路により品質が大きく異なる事態に変わってしまいました。
 


印材 種類・価格の頁へ 篆刻用品トップヘ
 
商品紹介トップへ問い合わせ |