伝統の留め具「小鉤(こはぜ)」⇒ 骨製の「爪」

「小鉤」: 「足袋」「袋もの」など実用の留め具(掛け爪)として使用された『骨の爪』
 
現在では「足袋、脚絆」などの実用品向け実需品の多くは「金属製」に変わりました。
しかし、特に高級感を必要とする商品「貴重品・骨董品」などを収納する「箱」の蓋止め具や「帙」の蓋止め具等には現在も骨やぞうげで作った掛け爪が使用されます。
≪牛骨製品≫
印材箱

印箱

ご案内

掲載の頁へ


「小鉤」全体の形も中央部の「穴」も手作業、且つ中国製です。
全体の形、サイズを含め「穴」の大きさや場所なども小鉤個々に微妙に異なります。
ご了承、ご了解のもとお求めください。
 
骨爪(小鉤)  20ヶ卸価格360円(@18円)  200ヶ時3400円(@17円)
本体価格(消費税別)
 
契約書日時:2015年04月28日付け、2015年08月18日通関品

↑上へ | 印材・印泥・印刀・・・・篆刻用品へ | 商品紹介トップへ問い合わせ|