毛辺/白蓮/玉扣/粉連 DF毛辺???
 
福建省土紙「半紙」について 半紙とは
画仙紙とは
 
『半紙』一覧掲載頁トップ 毛辺 半紙  / 白蓮 半紙 価格ご案内のページへ
粉連 半紙  / 玉扣 半紙
 
正規の『毛辺』半紙とは DF毛辺半紙とは 商品案内の頁トップ H.P.トップ
 
純手漉とは思えぬ抜群の価格競争力で好評を博する毛辺半紙
※ 北京政府による「毛辺など福建土紙」の主紙料「竹」の、使用制限から製紙工程にかかる様々な製約=地球環境保全のための公害対策強化により竹を主紙料とする紙の価格が大きく変わりました。が、WEB≒ネット仮想市場における最安値より更に安い価格でのご提供を継続しています。
毛辺半紙を代表とする福建土紙。伝統の長さとかつての価格から伝説を生んだ「毛辺」、「白蓮」,「玉扣」、「粉連」紙。
その中でも、書易さと運筆の適度な抵抗感を併せ持つ毛辺半紙。毛辺半紙が一番人気であるのは今も変わりません。
この伝統の毛辺半紙は白蓮・粉連半紙と共に純手漉半紙として好評を保っていますが、20世紀末から21世初頭に実現された異常とも言える安さ、この安さは2005年過ぎから、中国内の様々な事情による急激な変化を見せ、過去のものとなりました。
「地球環境の保全」を標榜し中国政府が強化する「紙料素材規制」「紙料処理(≒製紙手順)規制」「製紙工程廃液公害対策」、・・・、その規制には巾がありますが白蓮・毛辺・粉連・玉扣などの福建土紙は無論、他の中国手漉画仙紙・半紙には規制による品質・性質の変化が見られます。
特に「竹」を主紙料とするほぼ全ての紙はより強い規制による紙料変更、紙料作成手順の変更、製紙工程変更などを余儀なくされ、いずれも大巾な紙質変化が生じています。
中国政府の公害処理対策の指導強化による「手漉紙の一部紙料(原料)の使用禁止令。
使用禁止紙料の細目はハッキリとはしませんが“龍髭草(りゅうすそう)(中国名)=(日本名)藺草(イグサ)
の伝統的使用方法に制限が課せられたのは確かで、福建土紙=白蓮・毛辺・粉連・玉扣など=の主原料“竹”にも影響が及び、加えて『紙原料』を叩解する薬剤も今までの「自由」と言ってもよい奔放な使用が制限され、結果として紙料の性質に、そして製品としての紙質に、価格に、多大な影響を及ぼし、竹を主紙料とする「老灰紙」「白唐紙」などの紙質も伝統的なものからかなり変化しています。そして、この影響範囲はまだまだ広がりそうな中国手漉製紙業界の現環境です。
 

 「毛辺半紙」とは福建省産の「将楽毛辺紙」を半紙の大きさに裁断したものです。
                             
正規毛辺半紙  甲級乙級
甲級: 毛辺半紙の原紙「将楽毛辺紙」を半紙判(中国規格)に裁断する時、紙の漉き目を横目に統一します。
乙級: 紙の漉き目の縦目・横目に関係なく効率よく裁断します。
「横目」に統一する甲級より10%くらい半紙の枚数が増えます。結果として10%程度安く売れます。
正規ルートでは「乙級」として出荷するのですが、一部流通ルートでは「甲級」として扱います。
甲級として扱えばCostが10%安いのですから販売競争が有利になる、そして、甲級の価格で売れば高利益が得られます。
                                              
(正規)毛辺半紙(正規の M401)
みなせ」が中国から直輸入している福建省正規の毛辺半紙です。.
本来の『毛辺半紙』には存在しない「DF毛辺半紙」など出所不明の毛辺半紙が色々と出回った、・・・により20世紀末頃から21世紀初頭にかけてこれらの価格は大幅に下がりました。
しかし2005年を過ぎる頃から中国中央政府のの大号令≪地球環境保全のための紙料制限・紙料処理方法の制限≫など製紙現場への管理規制が強権を伴って行われ、
加えて一人っ子政策で育った世代が労働人口の中心とも言える年に育っていますが、彼等の多くは小皇帝として育てられ曾ての日本が辿った≪3K(⇒キツイ、汚い、危険)≫の仕事に就くのは嫌だ、就かない、で紙漉きを含む現業作業員の就業者が激減。
これらがコストUPの大きな要因で、大幅な契約価格の上昇が続いています。
毛辺と並んで人気の高い、同じ福建土紙の白蓮・粉連・玉扣各半紙は勿論、浙江省臨安・福建省廈門など他地域の国産下請け手漉半紙も同様の状況です。
この頁でも福建土紙各半紙直輸入元としての「卸価格」をご案内していましたが、前項の契約状況『契約の都度の価格変化』、これに加え最近は「外為相場の乱高下、最近は円安」による『商品コストUP』が加わり輸入の都度製品コストがUPします。
半紙全般をご案内する頁の価格掲載、そしてこの頁など個別に製品の特徴等々をご案内する頁などの複数頁での同一製品価格の掲載は「更新のタイムラグ」や「一方の頁の更新忘れ」等により混乱の元にもなりかねません。
各製品の価格をご案内する頁・箇所に集約しました。    
↓          ↓          ↓
福建土紙半紙 のうち  『毛辺半紙』  『白蓮半紙』  『粉連半紙』  『玉扣半紙』
毛辺・白蓮・粉連・玉扣 各半紙の価格ご案内頁へ  .    各半紙の価格ご案内頁トップへ
いずれもみなせ 正規直輸入品 卸価格適用ミニマムロット ⇒ 1〆(=2000枚)  (半紙の 「締(〆)」 とは?)
同上卸率に近い卸率の単位  1包(=1000枚)
試用⇒ 「試用」 にてご案内しています。
白蓮半紙 : 
中国福建省伝統の手漉き紙「福建土紙(どし)」の代表的な紙種の一つが「白蓮紙」であり、その主力製品が「白蓮半紙」です。
その「白蓮」の半紙名をそのまま使用した半紙が、日本市場にて「漢字用紙 練習用 半紙 『白蓮』 因州和紙」として堂々と出品されています。福建省伝統の竹紙料半紙の代表紙種の一つ「白蓮」の名が、日本伝統の紙産地「因州和紙」のひとつとして「白蓮」そのままの名で使用されている事実をご案内いたします。
1梱に12,000枚[⇒1000枚包×12包、時には2000枚包(=1〆=)×6〆]の梱包)入りです。
   契約では「1梱」:1000枚包×12包(=12000枚)を指定していますが2000枚包(=1〆)が混在していることもあります。
1梱単位時の卸価格はお問い合わせ下さい
⇒小ロット(1〆=2000枚)卸単価と1梱時卸単価の差は適用される単位卸率の差です。
  小売価格と小ロット(1ケ〜)卸価格の差のような大きな差が生じるわけではありません。
  さらに、ここ暫くの急激な契約コスト上昇の影響により「1〆=2000枚」単位と「1梱」単位の間の卸率の差は僅かです。
  
以下 「DF毛辺半紙(⇒製造元不明の毛辺半紙)」のご説明  (⇒ 入手分は完売いたしました)
DF毛辺半紙は、毛辺半紙の正規ルートを経ず輸入されたようです。
出所不明の偽造品が多いのも「毛辺」「白蓮」など人気者が故の悩みです。

 DF毛辺半紙も正規毛辺半紙と同様に福建省産の将楽毛辺紙を半紙に裁断したものであることには間違いがありません。   
DF毛辺半紙は 1〆ずつの包装 ⇒ 外包みの商品番号が『DF401』
内側の一帖(20枚)ずつの帯の商品番号は『M401』 に装丁されています。
  
包みの外からは見えない≪一帖(20枚)帯≫の「M401」は毛辺半紙の正規番号です。
「毛辺半紙M401」としてではなく「半紙DF401」として安く輸入し
外包みのシールを正規毛辺半紙のシールと同様のシールに張り替えれば簡単に偽毛辺が誕生する仕組みです。
正規毛辺半紙の 甲級 乙級 の差    DF毛辺半紙との比較
「(正規)毛辺半紙」も「(DF)毛辺半紙」も{正規の「将楽毛辺紙/ 約61×142cm 」を裁断し作られます。
(正規)毛辺半紙 :
将楽毛辺紙を半紙に裁断する時、紙の漉き目を横目に統一します。
 正規 毛辺半紙 乙級、およびここでご案内する「DF毛辺半紙」
「簀の子目」の、縦目横目に関係なく効率よく裁断します。 10%くらい半紙の枚数を増やせます。結果として10%程度安いコストで作れます。甲級として扱えばCostが10%安いのですから販売競争が有利になる、そして、甲級の価格で売れば高利益が得られます。
DF毛辺半紙
「毛辺乙級」と同一原紙ですが、半紙への加工工程のズサンさに加え、品質管理も劣り、本来の「毛辺乙級」と比べても破れ・穴あきなどの混入度合いが高くなっています。
1〆=2000枚=包の外側に貼る商品票には正規品にはない「DF毛辺」の商品票を、包みを開けた中味の1帖=20枚=ずつの帯には「正規毛辺甲級」 と全く同じ「M401」の印刷をしています。
前述通り、包の中味には手を触れず外側の商品票を張り替えるだけで「正規毛辺」に化けられるように作成した「粗悪毛辺半紙」誕生の仕組みです。
                                              
「DF毛辺半紙」を輸入したもののこれらの事情をハッキリ説明せず、従って販売できず15年も
持ち越していた業者様の品を仲介者を通じ買い取りました。
よく枯れていますし、取り立てて品質 ( 品質は毛辺乙級相当品 ) に問題があるわけでもないの
で、この価格ならお買い得品です⇒有り難うございます。DF毛辺は完売しました。
                           
↑上へ商品案内トップへ問い合わせ |