端渓の硯 老坑を中心とする端渓硯の素顔
 
このサイト内のすべての記事、写真等の無断転載、コピー等を禁じます。
 I'msorry that this HP is Japanese Language Only H.P.トップへ
 
「 端渓のまことを伝えたい “ 端渓 ” 」 本文へ 
 
≪硯の頁≫トップ ≪端渓の硯≫ 種類と価格 端渓硯≪逸品・精品≫現品掲載の頁
 
 
当時端渓硯を採掘していた主たる坑 端渓硯 採掘各坑 の 現況 (肇慶 端州 羚羊峡 爛柯山 峡南 北嶺・・)
  
老坑を中心とした端渓各坑と老坑採掘の再開、そして閉鎖・・・、端渓の歴史
 
 
端渓、 特に≪老坑≫にまつわる風評
『老坑』 、 それは硯の王者と評される端渓硯中の『第一』との評価が確立しています。
「老坑採掘の現実(=真実)]と真逆の風評≪「老坑鉱脈は尽きた」等々の欺瞞に満ちた風評≫に書家のみならず硯の専門家と言われる人たちまでが引き込まれている。 この悪意に満ちた風評の浸透度には心底驚きました。 ・・・・・・
?? 老坑「新坑」 「旧坑」 ??   端渓 過剰採掘⇒全坑閉鎖への裏表  端渓渓谷の今
 
 
老坑採掘最前線へ至る新導坑(俗に新坑と言う)を降りきった坑底の上部5mに老坑旧入口(俗に旧坑と言う)から入坑していた旧時代の採掘最深部=水帰洞=へ繋がる通路が作られている。
穴の向こうが水帰洞、手前が現在の老坑最深部へ至る斜坑。坑補強の木杭が並ぶ。
※老坑新入口(俗に新坑という)から降り至る現在の採掘箇所=現坑底のヤヤ上部にて撮影。
斧柯山を望む朝靄の羚羊峡

老坑坑口へ向かう渡船から撮影
羚羊峡を渡り峡南を目指す

  《「老坑」をはじめとする端渓の現況を有りの儘の姿で語る》
 −端渓のまことを伝えたい−
(山口そう一)
本文へ クリック   〜序文より〜

 ( 初刊判「老坑にまつわるいろいろ」の序文です。
   1990年代、当時、日本で流布される端渓の環境は欺瞞に満ちたものでした。)
 『硯の中の硯「
端渓」、その端渓硯の中でも群を抜く品質を有するのが硯の王者「老坑硯」です。
 
老坑原石は枯渇した、老坑の硯はもう採れないなどとの噂が流され、それを信じられている書家、そして硯の専門家と言われる人たちの多いこ とには驚きました。老坑は枯渇したなどの噂を信じておられる専門家方を老坑採掘の現場へ次々とご案内し 老坑は今もなお健在である事実を皆様にご確認していただきました。
 その結果、特に現場へご案内した人数の多い関西を中心に、老坑が枯渇したなどとの噂を信じられている専門家は激減しました。
現地へ行き、老坑の現場で老坑採掘の事実を目の当たりにされるのですから当然の結果ともいえます。
 老坑へ専門家方を案内しはじめた当初の1998年、端渓に関して30年に及ぶ私の記憶と経験を基に、老坑の現実を「老坑にまつわるいろいろ」として緊急出版しました。
 更に、内容を充実させると共に正確さを期す改訂版を予定し、同年だけでも5回現地を訪れ事実関係を再確認、現地の資料も加えて翌年に再出版しました。』  以下をご覧下さい。

  端渓を読む

著者:山口


 
  Eメールお問い合わせ 

Fax 078-341-2546
   FAX 用紙へ

 



Copyright(C)2000 SOUICHI YAMAGUCHI All right reserved.
このサイト内のすべての記事、写真等の無断転載、コピー等を禁じます。
みなせトップへ