加工紙とは? みなせトップへ
ご注文方法    お問合わせ
加工紙:
加工紙には色々な意味がありますが、ここでは「書」で言う加工紙に限定して述べます。

書画用に作られた紙で、漉き上げたまま何ら手を加えていない紙、及び紙料を溶いた紙漉舟に「顔料や染料、砂子など」「滲み止めの材料」等を混入させず漉いた紙を「生紙」「素紙」などと呼ぶます。
書画を書くための大型の紙、すなわち画仙紙の「生紙」「素紙」 に何らかの手を加えたものを 「加工紙 ( 中国では熟紙 )」と呼びます。
また、漉き舟に本来の紙料以外の何か⇒前述の類を入れ漉きあげた紙を「漉込み加工紙」と呼びます。

数ある加工手段の中で、ドーサ(土砂)引きなど「滲み止め」の加工を施したしたものが加工紙だと思われている方も多いのですが加工紙とはこの滲み止めだけを指すのではありません。
にじみに関しては素紙の状態のまま手を加えずに
@ 色だけをつけたもの、
A 色もつけず紙面にローラーをかけ表面の抵抗を少なくしたもの、
B Aとは逆に紙面に抵抗(布目・絹目など)をつけたもの、
C 木版やシルクスクリーンなどで型打ちを施したもの、
D 金や銀の大小の砂子や切箔を振ったもの、
E 様々な色で染分けたもの、
F その色に濃淡をつけてぼかし色にしたもの、
G ボカシ方を縦や横に限定して染めたもの、
H 具引を施したもの、
I これらを適時組み合わせたもの
等々、加工の手法と使用材料の組み合わせが無数の加工紙を生みます。
(みなせ扱いの加工紙の一部へ)

同じ加工を施すのにも加工手法は色々あります。
素紙に加工目的に応じ必要なものを「刷毛で塗る」というのが一般的な基礎加工です。
この刷毛塗りの代わりに「漬け込み加工」(加工に必要な材料を溶かし込んだ液に素紙を浸していく方法)や、「噴霧器」で必要素材を吹き付ける方法もあります。

加工紙の詳細について、一気に全容を説明するのは困難、また各加工所、加工者様が門外不出とされる加工方法の公表にも繋がりかねませんのでこれには触れない程度の内容で、必要と思える事項を気づく都度追加していきます。気長に宜しくお願いします。
商品紹介トップへ問い合わせ |