書道 会社案内書道教室画廊画廊開催予定 書道に関する??
商品案内|  |ご注文方法| | お問合わせ 定休日 水曜日
 
端渓 老坑閉鎖の表裏有馬筆リンク文房四宝?
 
 Co Copyright(C)2000 MINASE All right reserved..
書道用品専門業「」への「初期お問合せ」時
「電話のご利用」をなるべくご遠慮いただきたい理由
 
書道用品と一言で表しましてもその品種・奥行きともに実に深く多様であり、
更に、書き手個々の書環境やその時々の作風などにより使用材料の適不適や是々非々・・・などの判断“基準”
大きく異なる結果と広い巾を持ちます。
 
一定レベルに達した専門知識を基にするお問い合せであれば、
電話問い合わせでありましても「お問い合わせ内容に則した製品(ご注文品)」など商品ご使用の「適不否」等々を「判断」させていただく「基準構築」は、「ある程度」まで可能です。
が、この基準がキッチリ構築出来ない=判断基準の掴みきれない電話お問い合わせに対し適切、且つ責任ある返事を差し上げることは至って困難です。   (理由例)

書道にかかる製品には≪多品種少量生産≫の代表と言える商品種の割合が多く、
それぞれに充分な在庫を持ってはいますが、各時点在庫や次回製造期の確認をしてからご案内すべき商品種のお問い合せを含む全てのお問い合わせに「電話で即応」することは難しく、
更には、専門的なお問い合わせに対する当方の解釈違い、勘違いなどによる商品選択・商品説明、
或いは、これらの逆バージョン⇒弊社説明に対する「勘違い解釈」や、「理解したと独自の解釈で捉えられる」、「聞き違い」、・・・、などが原因の行き違い・ズレがかなりの高率で発生する心配があります。
これら理由により「商品の適否、商品種の広がり」等に関する「電話お問い合わせ」は書道用品≒書道専門品に関する充分な専門知識をお持ちの書道用品流通業様、一定レベルの知識を得られた書家の先生方、及びこれらに準じる適確な知識をお持ちの方・・・、などの「卸顧客」、或いは「商品の方向性や可否の基準構築が可能であるご対象」に限定させていただいています。

前項に相当する方以外のお問い合わせは『記録の残る手段』⇒EメールFAX手紙などのご利用をお願いします。
  具体的な「理由」のご説明
電話お問合せでは的確なご案内が困難な一例を 『“半紙”の滲み』でご案内します。 
半紙の丁度よい滲み: 
書き手が常用されている半紙(「半紙A」とします)の滲みがその書き手にとって「にじみ」の基本(基準)です。
半紙Aが≪機械漉き和紙半紙≫であり、更に≪機械漉き和紙半紙≫の中でも滲みが少な方向のものと仮定します。
この前提の時、「滲みが少ない半紙」とのご希望に適応する半紙は、
半紙A』が既に半紙全体の中で滲みの少ない性質の側にありますので「半紙A」より更に「滲みの少ない」は半紙全体の中で「かなり」滲みが少ない方向に振れる半紙⇒「滲み止めを施した半紙」や「パルプ半紙」など半紙の中でも「特に」滲まないものが適切と言うことになります。

逆に「半紙A」を常用されている書き手が「もう少し滲みのある半紙」をとの希望を持たれる場合、
この「もう少し滲む半紙」の滲みの程度は「一般的な手漉半紙より滲みが少ない半紙」、或いは「半紙全体では滲みが少ないとされる半紙の中庸程度の滲みを持つ半紙、つまりは前項と同じ『滲む半紙』とのご希望でも前項とは滲みの基準が異なりますので、この場合の「もう少し滲みのある半紙」とのご希望に適応する半紙は半紙全体の中では「滲みの少ない、それもかなり滲みの少ない方向」の半紙が適切と判断されます。

転じて、常用されている「半紙A」が「平均的な画仙紙半紙」など半紙種全体の中でも「滲みが多い方向の半紙」であるとき、「滲む半紙」とのご希望に沿う半紙は「半紙の中でも特に滲みが多い半紙」が適切な半紙であり、
この場合の「滲みが少ない半紙」とのご希望には半紙種全体の中では滲みが多いとされる「手漉半紙の中でも滲みが多い方向」の半紙を「滲みが少ない半紙」と感じられる(=適応する)半紙と捉えられるはずです。
「滲み」の確実な基準構築が出来ないお問合せ人様からの“電話”お問い合せは、そのお問合せ人様が滲みの基準とされる「半紙A」の紙質・性質・品質共々に(滲みを含む)半紙全般の普遍的な基準設定とは異なり、お問合せ人様に適応する「滲み基準点の設定」自体が困難です。
よってご本人が言われる「滲みが多すぎる」が、半紙種類全般の中でも「滲みが多い紙種」を意味するのか否かの判断が出来ません。
以上のこと、『半紙の滲みの基準が構築』出来ない、且つ電話で、よくあるご希望ですが「私の望む質の半紙を・・・」を、と求められましても「お勧めすべき半紙の範囲を判断」すること自体が無理。
この状態で、何らかの半紙を推薦すること自体が無謀であり、この類の推薦を為し親切・丁寧に振る舞い「何かを販売する」ことは、一見親切そうにみえますが「何かが売れれば成功」式の無責任極まりない商法と考えます。
※紙質判断基準構築の第一『試用』ご案内箇所へ
 
 
 Co Copyright(C)2000 MINASE All right reserved..
   
会社名 有限社 みなせ筆本舗
代表者名 代表取締役 山口j一
HP責任者 山口j一
所在地 〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通5丁目8番地1号
お問合せ頁トップヘ  /  商品案内トップ頁へ  /  H.P.トップへ