書道 |会社案内書道教室画廊画廊開催予定定休日 水曜日|
商品案内ご注文方法|お問合わせ端渓最新情報へ有馬筆リンク | 文房四宝?書道に関する??|
 CoCopyright(C)2000 MINASE All right reserved..

半紙・画仙紙 純手漉 / 準手漉 ??? 紙トップへ みなせトップへ
★『紙料』と『水』、そして紙料を紙漉きに適した状態に拡散させる『ノリ(日本では「黄蜀葵(トロロアオイ))」 』 を
≪漉き舟≫に入れ撹拌し、これらが充分に混ざり合った溶液を作る。
「簀桁すげた(=漉く紙のサイズに適応する木枠の底に簀の子を敷いた紙漉き道具)」をこの漉き舟に差し入れ、適量の溶液をすくい取る。
漉き手の手になる簀桁を中空で縦横に揺する技量により簀桁上の紙料は複雑に、且つ均一に絡まる。
簀の子の紙料を万遍なく分散させ絡めさせ、目的の紙の厚みにし、これを簀の子から外し一定の水抜き作業の後乾燥させる。紙質等々の検査を経て紙(手漉紙)が完成する。
※ 紙厚は漉き手の技量に加えコロイド溶液の紙料密度を変化させる 『ノリ (日本では「黄蜀葵(トロロアオイ))」 』 の加減により調整させられる(と聞いています)。

コロイド溶液を乗せた簀桁は、漉く紙の種類により、規格によりかなりの重量になるので、多くは簀桁の一方に、時には複数箇所に上部から簀桁重量を支える吊り装置を、補助具として設置することが多い。
吊り装置を含めた簀桁を前後左右縦横に揺すり紙料を充分に、そして均一に絡めさせる。

紙料の溶液造り迄の工程は同一であるが、製紙の重要工程である紙漉き主作業 ⇒ 漉き手の経験則に基づく裁量を以て簀桁を中空で揺すり繊維を絡ませる。
これが手漉き紙造りの本来の工程であるが、この工程とは異なる工程「台上に前後にのみ揺することが出来るレールを設置し、簀桁をこれに乗せる。」 この簀桁に紙料溶液が一定量 「半機械的」に注入される。レール上の簀桁を、レールに沿い前後に定数回スライドさせ=揺らし紙料を絡めさせる。純手漉き紙工程のような縦横無尽な紙料の絡み、は困難な単純製紙作業であり紙料は一定方向を主として絡む。

純手漉紙は、その工程から自ずから製紙可能な紙サイズは限定される。
が、簡易手漉き方式=流動手漉の製紙可能紙サイズは限定されない。作りたい紙の大きさの簀桁と台とレールを作れば、製紙技術に関係なくその簀桁の大きさの製紙が出来る。

これら簡易手漉き紙は、その工程から流動式、或いは環流式手漉紙と呼ばれる。つまりは簡易手漉きである。
しかし乍ら、一部の製紙者や製紙地域、販路ではこの簡易手漉きを「手漉き」とし流通させることがある。

「手漉き」と「流動手漉き」、これらは外面を仔細に調べても容易に見分けが付かない。
撥墨の広がりや墨色の冴えを造り出す手漉き紙本来の紙料の絡みの差が両者を明確に位置づける。
書や水墨作品の巾、広がり、深み、・・、・・、の差は「撥墨の巾の有り様」が大きな大きな原因の、そして重要な差の一つであり、これには「手漉き」と「流動手漉き」の根本的な紙質の差が、大いに関係する。
経時変化(紙が枯れる) & 紙の品ムラ の頁へ
以上簡単ですが・・・・山口j一(山口そう一)
商品紹介トップへ問い合わせ |