書道   | 会社案内書道教室画廊画廊開催予定書道に関する??
| 商品案内ご注文方法お問合わせ文房四宝? / 有馬筆
端渓の歴史・現況、 ~老坑閉鎖の表裏   リンク 定休日 水曜日
 
 Co Copyright(C)2000 MINASE All right reserved..
 
古墨  & (倣)古墨(ほうこぼく) 墨の頁トップへ 墨とは?/墨を磨るとは? 宿墨とは みなせトップへ
=ホウ古墨価格ご案内 古墨風の味わいが簡単に出せる添加液「汲古」へ 確実に時代を経た「古墨」現品
(=ホウ)(倣)古墨
古い墨(古墨)の如き化粧を施しあたかも「古い墨(古墨)」に見えるように拵えた墨。
 
 
古墨には、同一と言えるほど本物と同じ形に作った木型を用いて製墨された古墨は無論のこと、かつて実際に使われた本物の「木型」そのものを使用し型に入れた「古墨」もあり、更にこれら古墨のほとんどは「古くみせる≒時代を付ける」化粧を施されますので「墨の外観」や「墨の型」などから古墨か否かの真贋判断を下すことは困難です。 困難ですが、古墨か否かを確実に見極められる間違いのない方法があります。
「古墨の真贋を見極める要」は墨の「撥墨」を見極める目を持つことです。古墨か古墨(=模造古墨)かを確実に見極める目を持つには、製墨後の時間経過につれ広がる「撥墨の巾」や撥墨状態の各様から墨の特性を知る、その目を養うことです。
この目が育てば正しい古墨判断が可能になります。そしてここに至るにはそれなりの経験の集積が必要です。
≪古い時代の本物の古い木型≫を利用する、或いは≪古墨と同一の木型≫を造る、により「正真の古墨と同一外観の墨」を製墨することは比較的簡単に出来、事実、多くの古墨はこうして作られます。
こうして作った墨の外観に「古さを施し⇒時代を付ける化粧を施し」流通させます。これらも「(=ホウ=倣)古墨」と呼ばれ、その一部が販路のいずれかの段階から「古墨」に化けることがあります。
 「(=ホウ=倣)古墨」を古墨として取り扱う=偽古墨流通の、古来からの流れです。
古い時代に造られ今に伝わる「墨」、これらは理屈から言えば全てが「古墨」であり、そして「古墨」として流通するのはこの時代を経た墨のうち「質のよいもの」を指すことが普通です。
その代表格が「明墨」、そしてその明墨を代表する製墨廠に「程君房」 「方于魯」が挙げられます。
「伝統の工芸技術を伝承させていくため」に、古い時代に造られた銘墨を倣し、形・大きさ等々を含め外観をそっくりそのままに造る模倣墨≒(=ホウ)古墨を「模造骨董品(=ホウ古品)」であると明らかにした上で流通させる、が本来の古墨が存在する一番の意義です。
この技術伝承が工芸技術の永続的な伝播に有益であり必要であり歓迎され許されることなのです。
が、その流通過程のいずれかで「古墨」が「古」としてではなく「正真の古墨」として取り扱われる。
これが問題であり、また数多く発生する、困った問題なのです。
無論、古墨として流通している墨の中に本物もあるのです。
が、古墨ほど模造品(=ホウ古)が市場にあふれている商品種は他にあまり例がないと思われます。
20世紀も最後の10年にさしかかるころ、既に中国文房四宝輸出公司中最大の信用と歴史を持つ上海工芸は「市場に流通する古墨と称するものは全て古墨」、との認識を表明しています。
古墨は模倣品ではありますが昔から市場に確固たる地位を築き、古墨に倣って作られた模倣工芸品として古墨市場を形成しています。
と言いますのも、古来「墨」は実用品であると同時に「美術品」としても取り扱われ多くの名品が今に伝えられている。これら旧の名品を模作することで各時代の製墨技術者の技量アップと技術の継承がつながってきた。
そして今なお、他の多くの美術品と同様に古作の名品模倣を墨職人の資質を上げる柱の一つにしている、という事実があるから、より「古墨」は他の偽骨董品市場にはない独自の市場を形成しているのです。
こうして製作された墨が「(倣)古品」として流通する本来の流れなら古墨真贋に絡んだ問題は生じません。
しかし、一部販路では流通のいずれかの段階からこれらを「古墨」として取り扱います。
墨への化粧技術が進化し、古墨か模倣古墨かの判別が外観からでは至難になった模倣古墨の真贋鑑定に当たって、本物の古墨を十分に見、知り、勉強する機会に恵まれなかった、機会に恵まれなかったからこそ持つに至った独自の鑑定方法を根拠に、
墨の外観から古墨であるとか、そうでないとかの判断を下そうとする人たちが多いのも問題です。
古墨の主たる生産地中国、中国の関連公司と「古墨」を契約する時、以下の商談により契約書が作られ、墨は契約書に基づいた古さの化粧を施されます。
古墨の契約時、50年もの・100年ものなどの見た目の古さを自在に指定し注文することが出来ます。
正真の古墨と同型の「今造られた現代の墨」を発注者の希望に応じた製造期の状態(外観上)に仕上げてくれるのです(個々の発注者の時代感と製造者の時代感の感覚差はこの限りではありません)。
  古墨の真贋を鑑定をする、又は鑑定出来るなどと公言し、
外観を些細に観察し「ほら、墨のここのヒビの状態が・・・」とか、          
「これだけ時代がついている・・・」とか、
「彩色の色が古びて、そして剥離しかかっている・・・」とか、
古墨を使用する作家の目的から言えば、どうでもよい目視上の状態を仔細に観察することで古墨の真贋判断を下そうとする例がとても多いのです。 古墨が価値を持つのはどの様な事柄によるのか・・・、
                       墨を利用するアーティストが古墨に求めるものとは・・・何か・・・、
                        正真の古墨はどの様な事象を表現出来るから価値を持つのか・・・
表現の多様性を求めて古墨を探し求める、そして古墨を使用する作家の立場から言えば、墨の外観を眺め回し、それも拡大鏡などを用いて仔細に観察し、さすり回したりして判断することは無意味、
そして、その鑑定方法で真の古墨だとの鑑定がなされたとしても、それは鑑定者の個人的判断=主張=に過ぎないと言う事実以外、判断が正しいとの根拠は何も無いと言うことなのです。
墨の外観が如何に古びていても、外観から古墨本来の価値は一切生じないのです。
外観から生じるのは、それが正真の古墨であれ古墨であれ、古さに価値を見いだす骨董の世界の価値観であって、装飾品としての価値に過ぎず、古墨ではこれに製墨技術を次代に伝える技術的意味合いが加味されます。
古墨か模倣古墨かを「炭素年代鑑定」で判断しようとする人も多いようです。
これで判断出来るのは、鑑定した墨の構成物が古いか否かだけで、実際に墨を製造した時期の鑑定は出来ません。
この「炭素年代鑑定」で古墨か否かを確かめようとする人たちは、原料が古ければ古墨と考えているのか、それとも、古墨に価値を求めるところが違う、つまり古墨そのものの理解が違うのではないか、と言うことになります。
 この方法で、この墨の原料は確かに古いものだとの鑑定を得ても、古い時代に製造された煤を原料に製造された墨だと判定されるだけで、実際に墨として作られた時代が古いのかどうかの判断にはつながりません。

 古墨の価値とは「原料の煤が作られた時代が古い」ことに生じるのではなく、墨として実際に製造されてからの経時変化により生じる様々の事柄(≒墨の主要原料膠の経時変化に伴う磨墨液コロイドの状態変化 ※下行注)により創成されるのです。
  ※前行注 :  墨の専門家、とのふれ込みで磨墨液コロイドの変化を「加水分解で膠が炭酸ガスと水になる・・・」との意見があります。私はその道の専門家ではありませんので詳しくは判りませんが「膠がアミノ酸に加水分解されはしても炭酸ガスと水にまで分解されるにはエネルギー的に無理がある、のでは?」・・・と捉えます(加水分解などにかかる専門家のご意見を参考にしています。この研究者は固形墨における加水分解の実際についての分析をはじめられています)。
 
≪墨の主原料は皆様がよくご承知のとおり「煤(すす)」と「膠(にかわ)」、それに僅かな「水分」で、
微粒子である煤を膠の性質を利用して固形化したもの、それが墨です。
時には「香料」が加えられることもありますがいずれにしても「煤」と「膠」以外の墨の構成物は微量です。墨を摺るという作業で「煤と膠」がうまく混合された水溶液=墨(液)が出来ます。
この「うまく混合された水溶液」とは「膠の働き」によって煤の粒子が塊にならず一様に分散している状態のことで「コロイド状」と言い、「墨」は「保護コロイド」の代表とされます。
墨(液)がコロイド状態であるからこそ紙に書いた時すった墨の水分が紙の中を拡散していく、
その水分と共に墨の主成分である煤も水分とともに拡散していくのです。
 コロイド状態が完全であればあるほど拡散していく水分に含まれるコロイド粒子(墨の煤)量と最初に筆が入った墨跡(基線)の煤量との差が少なくなります。
 つまり、膠に経時変化かあらわれていない段階の新しい墨は筆跡(ふであと)(基線)とその周辺へと滲んでいく水溶液に含まれる煤粒子量の差により発生する濃淡の差が僅かしか生じないと言うことになります[墨が新しければ新しいほど墨(液)は完全な保護コロイドを保ちます]。
 この状態は、書いたとき筆の通った筆跡と、その周辺へ墨がにじんでいったにじみ跡に墨の濃淡の差が発生しにくいと言うことです。≫

 (10-9 ~ 10-7m程度の粒子をコロイド粒子と言います。そして、コロイド粒子が分散した溶液がコロイド溶液です。
  保護コロイド:疎水コロイドを処理して=膠を加えて=親水コロイドにしたもの 例:墨汁
  (保護コロイドの説明・表現に誤りがある場合はお許しください)
固形墨を摺って得た墨(液)はこの「保護コロイド」の代表のひとつです。
固形墨は時の経過と共に、その構成物で有機物の膠は分解を進め、分解が一定以上進むと、固形墨を摺ることにより得られる墨(液)は十分な保護コロイドを維持することが出来なくなっていきます)。
これは、墨(液)の水分に乗って移動するコロイド粒子=煤の量が減少することに直結します。
これにより、筆が最初に通った筆跡の墨量=煤の量=による濃度と、その基線から滲んでいく(水分が移動していく)滲み跡の濃度=煤の量=の差&変化が大きくなっていきます。
この墨量=移動する煤の量=の差による変化の生じ方などが、新しい墨、つまり膠が十分で完全な保護コロイドである墨(液)では表現不可能な作風を創作できる、それが古墨に値打ちを与えるのです。
疎水コロイド 分散媒が水であるコロイド溶液のうちコロイド粒子と水との間の親和性が小さいもの。
親水コロイド 水を分散媒とするコロイド溶液のうちで、分散粒子の分子構造中に親水基をもち、電解質を加えても沈降しにくいもの。
石鹸<(せっけん)・ゼラチン・タンパク質・膠(にかわ)の水溶液はこの例。
保護コロイド

疎水コロイド溶液に加えてコロイドの安定性を増す働きをする親水コロイド。
この作用は親水コロイドが疎水コロイド粒子を包み込むことによる。
墨汁中の膠(にかわ)はこの例。


 【墨を摺って得られる墨(液)の墨色・線質・にじみ具合の現れ方などは、墨の主成分の一つ「煤の性質」と「コロイド溶液の状態」が主たる要素であることに変わりありませんが「ブラウン運動≪空気=水=の粒子が様々な方向から様々な速さで衝突することによって,対象となるブラウン粒子(⇒ここでは煤粒子)は規則性のない乱雑な動きをする≫も多少関係する、とも言われます。
ブラウン運動  ★パソコン環境により繋がらない、再生されないなどの場合があります。
          
 古墨を使う、これは墨が作られた後、磨墨液が完全な保護コロイドを形成し得ない程度にまで膠が変化する時間経過があってはじめて表現可能になる作風であり、磨墨液を「保護コロイド」状に保つべき「膠」本来の性質の分解・減少による保護コロイドの「崩れ」により生じる「基線と滲みの間の墨色の濃淡の差」を生かす作品作成が可能になると言うことです。

 膠が変化してきた墨を摺って得た墨(液)は完全な保護コロイド状態を保てないからこそ作成可能なアート表現。
 そしてそれが実現できるからこそ古墨に価値が認められるのです。

 墨の外観に時代をつける=古く見せる=技術がとても簡単になった今、本当に古い墨かどうかの判断を下す方法は、古来からの伝承通り、実際に墨を摺り、書き、その墨跡の濃淡の差などにより判断するのが一番間違いのない、或いは間違いの少ない方法です。
この的確な判断には豊富な経験が必要です。
実際に数多くの墨を摺って、そして実際に書いて、墨の変化の様子を視るという単純な経験を重ねることで、墨の経時変化の判断が少しずつ可能になり正確になっていくのです。
 古墨の価値は、前述の主題になった「にじみ」の変化に加えて、墨色の冴え・切れなど、文章では十分に伝えることが困難な、そして困難であるのに経験が無くとも他とは違う美しさや魅かれる何かが感じとられ、更に経験を積むことでその感覚に無限の領域への広がりを持たらす、それらが古墨の持つ美的領域・価値には含まれるのです。

 追、
墨は古ければ古いほど古墨としての価値が上がるとの認識が多いようです。
が、古くなり過ぎた墨は骨董品としての価値はともかく、実用の墨アートの材料として使用する場合、墨に含まれる膠が完全に分解、または膠のほとんどが分解してしまった状態ではその評価は激動し、使用するアーティストの感性と資質により命を与えられることもあり、失ってしまうこともあります。
 これら膠の分解が進んでしまった墨は、いくら墨を摺って墨(液)を得てもその液はコロイドを形成出来なくなり、筆が最初に通った墨跡に墨=炭素=煤のほとんど全てが留まり、そこから滲んでいった(=水分が移動していった)墨跡と言うべき部分には、僅かに煤を含んだ、只単なる水と言ってもよい状態の液体が移動していくだけで、乾いてしまえばまず何も残らないことになります。

完全に膠分が消失した「墨」は、墨ではなく「煤」に戻ってしまうのです。
この状態になってしまった墨を生かすのは、前述の通りそれを使用するアーティストの感性と資質なのです。

どうすれば?????は、その作成が可能なアーティストと、芸術的効果を高める方法を指導出来る一部の人たちの権利でもありますので触れないでおきますが非常に簡単なことです。
これまでにも多くの方がその方法をご存知だったのですが、2002年頃、某墨メーカがその材料を商品 ( 古墨としての効果を取り戻すのに、特にこの商品を使用する必要はないのですが ) として発売しましたので、更に多くの人たちがご承知になられた筈です。
「古墨と宿墨」、その根本的な差??
入手背景、撥墨などから確実に時代を経た本物と判断される「古墨」
 







 

像 ①
第二次世界大戦が終わる1945年までに製造された「純松煙墨」です。
製造元の「長春園」様が製墨業から撤退される1年ほど前の1980年前後にわけていただきました。
「戦前に製造したもので大事に残してきたが手放さざるを得なくなった」と持ち込まれた全量を引き取らせていただいたのです。
墨としての基本は全て同一のものですが古墨と変化していく時間流の中でそれぞれの個体毎に異なる変化をなしています。

像 ②
①と同様に製造元「長春園」様が製墨業から撤退される1年ほど前の1980年前後にわけていただきました。
1960年ころの製墨、との説明であり、この製造期は試墨した撥墨からも充分に納得出来る製造期です。

像 ③
古梅園製。
1970年代、既に古墨として古梅園様から分けていただいたものをみなせで更に今まで枯らしてきたものの一つです。 

像 ④
古照園製「紅花墨」です。
1980年半ば頃持ち込まれたものを全量買い付けました。
当時既に充分な経時変化を受けていました。
墨としての基本は同一のものですが古墨と変化していく時間の中でそれぞれの個体毎に異なる変化をなしているのは①と同様です。

像⑤
南松園様が製造年度を控え在庫してきたものの一部で1963年製、複数の在庫が有ります。
墨としての基本は同一のものですが古墨と変化していく時間の中でそれぞれの個体毎に異なる変化をなしているのは①と同様です。
 
有難うございました。入手の「鈴鹿古墨」は入荷量が極端に少なかったこともあり瞬く間に完売いたしました。有難うございました。
右欄は「鈴鹿墨」の「古墨」です。
2016年秋、鈴鹿に残るただ一軒の製墨社「進誠堂」様がご来店。 鈴鹿墨にかかる墨のいろいろや奈良墨との関わり等々の詳細を伺い和墨の時代流にまつわる一端を、新たに知ることになりました。

入荷現品画像

鈴鹿古墨
 
みなせ筆本舗  山口そう一 
古墨風の味わいが簡単に出せる添加液「汲古」へ
↑上へ商品紹介トップへ問い合わせ |