書道 |会社案内書道教室画廊画廊開催予定定休日 水曜日|
商品案内ご注文方法|お問合わせ端渓最新情報へ有馬筆リンク | 文房四宝?書道に関する??|
 CoCopyright(C)2000 MINASE All right reserved..

上海工芸扱い(上海西冷印社製) 『印泥用“油”』
篆刻/印泥あぶら & 画像 篆刻用品トップへ みなせトップへ
 
「堅くなり、落款印の付きが劣ってきた印泥」・・・
 あぶら分が抜け、硬く使いづらくなった印泥にごく少量の「印泥あぶら」を混ぜ「よく練る」。
 印泥の様子を確かめ
ながら
使用に適した印泥の固さに戻るまでこれを続ける。
             印泥復活の≪印泥 あぶら≫。
  ※夏など暑い環境下では容器から油がにじみ出る場合もあります。
   「あぶら」として不可避な「ヤヤ白濁した部分」が生じる場合もあります。
   「長期に渡る保管や使用」「印泥あぶらとして不適切な保管」「印泥・印泥あぶらの的確では
   ない理解」などを除き、前の状況の発生による品質問題の発生はありません。
印泥の重要な原料「油」。印泥の重要な構成物「あぶら」とは何なのか
    「ヒマシ油」説、 「印泥廠や印泥職人の秘伝により整えられ詳細は秘められている」説、・・・、など
     印泥の「あぶら」ついて諸説が入り乱れ、説明されてきました。
 印泥の原料
  書などのオリエタルアートで使用される「印泥」は、
  天然素材「辰砂=硫化第二水銀」を主原料に、中国各製造元「伝承の材料」を以て「伝承の製法」により造られます。  
  ★ 「辰砂」は伝統の中国医学に用いられる。
    日本漢方薬界では「辰砂」を「朱砂」「丹砂」などと呼び、その鎮静作用が日本漢方薬にも使用さ、辰砂を含む代
    表的な漢方薬処方に「朱砂安神丸」などがある。
    辰砂は、有機水銀や水に易溶な水銀化合物に比べ水に難溶な化合物で、毒性が低いと考えられている。
                                      (「本朱墨」の主原料も「辰砂=硫化第二水銀」である)
  (中国伝承の印泥原料:
   印泥の主原料の一つが「辰砂=硫化第二水銀」で、辰砂に「草の繊維様のもの」と「油」が使用されます。
   この「草の繊維様のもの」は「もぐさ(※もぐさ⇒キク科ヨモギ属の多年生草木)」であると言われています。  
   乾燥させた「よもぎの葉繊維」を細かく細かく擂(す)り砕き「ふるい」にかけます。これを繰り返すことで「もぐさ」が
   出来ます。
   通常の「もぐさ工程」を、より厳しく確実に、そして精緻に行うことで「よもぎの葉」は葉の裏の、白っぽい銀色を
   思わせる綿毛まがいの風合いの色が「金色」に近い「薄黄色」変化します。
   これが印泥に使用される“特別なもぐさ”であす(以上は、印泥に於ける「モグサ工程」伝聞の要約です。)
 「辰砂=硫化第二水銀」と「モグサ」、そしてこれらを混ぜ合わせる「あぶら分」が重要な構成物です。
  巷間伝えるところによればこの「あぶら分」は「ひまし油」がその一種である、とされます。
  が、「ひまし油」で実験した結果、印泥としてしっくりとした感覚には仕上がりませんでした。
  調べてみましたら「ひまし油」には種類があり、日本で通常「ひまし油」として流通するものとは性質とは違う性質の
 「ひまし油」があり、印泥材料にはこれを利用する。とのことです。 
 「印泥としてしっくりとした感覚には仕上がりません」は、「ひまし油には種類がある」を知らなかった時代の私の
  所業であり、印泥廠が、そして印泥職人が秘伝として大事に守り、継承者以外には伝授しない印泥最大の秘法は
 「あぶら」にあり、その「あぶら」は「ひまし油」の一種、そして日本で通常言う「ひまし油」とは異なる「ひまし油の一種」
  である、が正しいようです。
 ★ 印泥を製造する、或いは輸出する「中国公司」は近年、「印泥の素材は?? あぶらは???」との質問が続くこと
    に閉口し、 当たり障りのない返事、「菜種油」などと説明をしますことも原因となり、印泥素材の一つは「菜種油」説
    が急激に広がっています。実際は日本で通常言うひまし油とは異なる[ひまし油]の一種です。
  以上の素材を丹念に練り合わせる、この「練り合わせの技術」も印泥の品質を高める重要な要素だとのことで、
  これらの総合体として印泥は完成します。
  印泥職人の、そして印泥廠の「秘伝」とされてきた「印泥あぶら」。
  安心して使える、第一級の印泥廠「上海西冷印社」の「印泥油」輸出が許可され、日本で手軽に入手出来るように
  なりました。
  反面、製造元等の説明・証明がないままに「印泥専用」と称する性質、製造元等々ともに不明な「印泥油」も流通し
  ている様子です。
みなせの「印泥油」は上海西冷印社の製品で、上海工芸と契約し、直輸入しています。
  印泥職人の、そして印泥廠の「秘伝」とされる「印泥油」が、それも印泥廠として評価高い「上海西冷印社の印泥油」
  の輸出が許可され日本で手軽に入手出来るようになりました。
上海西冷印社「高級書画印泥油」  価格もリーズナブルです。
上段画像は≪同一契約・輸入・通関≫の「印泥用“油”」で、中身は同じものですが容器の形態が異なります。
現在までの検品では上段画像二種の容器に入っています。容量、内容は同一で「容器指定」は出来ません。
 
上海工芸扱い(上海西冷印社製) 『印泥用“油”』 672円 (正味本体価格 消費税別)
 容器直径(外形) 約31mm 高さ 約19mm  容器込み約10g 
油分が抜けて固くなった印泥に“ごく少量”混ぜてよく練る ⇒ 印泥の様子を確かめる。
これを繰り返し印泥の状態をお好みの固さに戻して下さい。
みなせHPトップへ
↑上へ商品紹介トップへ問い合わせ |