書道 |会社案内書道教室画廊画廊開催予定定休日 水曜日|
商品案内ご注文方法|お問合わせ端渓最新情報へ有馬筆リンク | 文房四宝?書道に関する??|
 CoCopyright(C)2000 MINASE All right reserved..

上海工芸扱い(上海西冷印社製) 『印泥用“油”』
篆刻/印泥あぶら & 画像 篆刻用品トップへ みなせトップへ
 
 「堅くなった印泥」「付きにくくなった印泥」・・・、
油分が抜け固くなった印泥に「(印泥専用)油」をごく少量混ぜてよく練り印泥の様子を確かめる。
これを繰り返し印泥の状態をお好みの固さに戻して下さい。 .
「油分」は何か?
  「ヒマシ油」説、「印泥廠や印泥職人の秘伝でその詳細は秘められている」説、等々が古来入り乱れてきました。
 印泥の原料
書などのアートで使用される「印泥」は天然素材「辰砂=硫化第二水銀」を主原料に、中国各製造元が秘伝とする「伝承の材料・製法」により造られます。  (「墨⇒本朱墨」の主原料も「辰砂=硫化第二水銀」です)
  中国伝承の印泥原料:
主原料の一つが「辰砂=硫化第二水銀」で、これに「草の繊維様のもの」と「油」が使用されます。草の繊維様のものは「もぐさ」であると言われています。  ※もぐさ⇒キク科ヨモギ属の多年生草木
乾燥させた「よもぎ」の葉繊維を細かく細かく擂(す)り砕き「ふるい」にかけます。この作業の繰り返しにより「もぐさ」が出来ます。この通常の「もぐさ工程」をより更に厳しく確実に、そして精緻に行うことで「よもぎの葉」は葉の裏の、白っぽい銀色を思わせる綿毛まがいの風合いの色が金色に近い薄黄色に変化します。
これが印泥に使用される“特別なもぐさ”である。とされています。(以上は「モグサ工程」の伝聞の要約です)
「辰砂=硫化第二水銀」と「モグサ」、そしてこれらを混ぜ合わせる「あぶら分」が重要な構成物です。
この「あぶら分」は、巷間伝えるところによれば「ひまし油」がその一種である、とされます。
が、「ひまし油」で実験した結果、印泥としてしっくりとした感覚には仕上がりませんでした。
調べてみたら「ひまし油」には種類があり、日本で通常「ひまし油」として流通する性質とは違う「印泥原料に適したひまし油」があり、印泥材料にはこれを利用する。とのことです。
前述の「印泥としてしっくりとした感覚には仕上がりません」はこれを知らなかった時代の私の所業であり、
印泥廠がそして印泥職人が秘伝として大事に守り、継承者以外には公表しない印泥最大の秘法は「あぶら」であり、その「あぶら」は日本で通常言うひまし油とは異なる「ひまし油の一種」である、が正しいようです。

近年、印泥を輸出する中国公司は「あぶらは???」との質問が続くことに閉口し、「菜種油」などとの説明をしますので、この説明としての「菜種油」説が急浮上しています。


以上を丹念に練り合わせる、この練り合わせの技術も印泥の品質を高める重要な要素だとのことで、これらの総合体として印泥は完成します。
印泥職人の、そして印泥廠の「秘伝」とされる「印泥あぶら」。
安心して使える「上海西冷印社の印泥油」の輸出が許可され日本で手軽に入手出来るようになりました。
その反面、製造元等の説明がないままに「印泥専用」と称する性質等々が不明な「印泥油」も流通している様子です。
みなせの「印泥油」は上海西冷印社製品を上海工芸と契約し直輸入しています。
 印泥職人の、そして印泥廠の「秘伝」とされる「印泥油」が、それも印泥廠として評価高い「上海西冷印社の印泥油」の輸出が許可され日本で手軽に入手出来るようになりました。
上海西冷印社「高級書画印泥油」  価格も相当にリーズナブルです。
上段画像は≪同一契約・輸入・通関≫の「印泥用“油”」で、中身は同じものですが容器の形態が異なります。
現在までの検品では上段画像二種の容器に入っています。容量、内容は同一で「容器指定」は出来ません。
 
上海工芸扱い(上海西冷印社製) 『印泥用“油”』 672円 (正味本体価格 消費税別)
 容器直径(外形) 約31mm 高さ 約19mm  容器込み約10g 
油分が抜け固くなった印泥に“ごく少量”混ぜてよく練る ⇒ 印泥の様子を確かめる。
これを繰り返し印泥の状態をお好みの固さに戻して下さい。
   

みなせHPトップへ

↑上へ商品紹介トップへ問い合わせ |