端渓 ≪ 逸品 老坑硯 ≫ (肇慶 端渓硯廠から直輸入)
輸入現品の一部画像をご案内します。
 
ここに掲載します端渓硯はともに同硯石採掘の地、中国肇慶の端渓硯廠から直輸入した現品から無作為に選んだ各硯です。
端渓採掘の各坑ともの原石採掘現況から弊社在庫も年々減少しています。が、今なお充分な在庫を持ちます。
只、多数の硯石画像UPは、弊社人的余裕との絡みもあり、適時掲載の範囲に留めさせていただいています。
 掲載画像:現品の雰囲気や色調再現に努力を払いました。
   が、ご覧いただきますパソコンの設定差などわずかな環境差も「色調」に影響を与えます。
   この意味で「掲載画像の色調」は完全ではありません。パソコン毎に多少とも異なる再現色の差を併せご容赦下さい。
商品案内のトップ頁へ 「硯」の頁トップへ みなせトップへ

  老坑硯 の うち ≪逸品老坑≫     「老坑精品」に硯本体ではない木箱の瑕疵による≪特別価格品≫ 発生 .
端渓硯 各坑 規格型老坑(精品位)老 坑(逸品位) | ( 沙浦坑区)老坑坑仔巌坑・精品 逸品麻子坑逸品宋坑
端渓のまことを伝えたい“端渓” 端渓渓谷の現況 硯の品質基本|硯板 ?? |端渓 山キズ ??|
 
老坑硯
老坑坑底より地上へ運び出された老坑原石は直ちに坑口前の小広場で「老坑正規検査機関(国営)老坑管理者≒老坑をはじめ端渓硯の鑑定者:検査時により4〜6人の厳格な≪石質検査≫を受ける。
この厳正・厳格な検査に合格した(老坑管理人が世に出すことを認めた)老坑原石を以て作硯した≪硯≫のみ「正規“老坑硯”」と認められる。検査に通らなかった原石は端渓渓谷を流れる小渓流、及び西江川岸に廃棄される。
廃棄された原石=老坑管理者が老坑硯として作硯することを認めず廃棄指示をした廃石を拾い集め作硯し老坑とし販路に乗せる流通路も多い。老坑から採掘された原石を以て作硯された全ての硯が「(正規の)老坑硯」と言うことではない。
精品老坑
検査に合格した逸品老坑の中でも「石密度が特に秀と認定(老坑正規検査機関&老坑硯廠鑑定人)」されたもの。
逸品老坑
  老坑検査機関の厳しい検査に合格した老坑原石を用いて作られた老坑硯のうち精品に次ぐもの。
 
表示価格は「参考定価」です。実際にお求めいただく価格(卸単価)はお問い合わせ下さい。 参照 :「設定価格」に関しまして
老 坑 逸品位 /  老坑(精品位)へ   老坑(沙浦坑区)へ
商品番号180723-1
約5.2吋
天地131×巾88×厚19mm(概数)
参考定価\105,000(本体)
卸価格はお問い合わせください。
商品番号 180721-1
約5.4吋
参考定価\58,000(本体)
卸価格はお問い合わせください。
商品番号 180803-1
約4.1吋
参考定価\90,000(本体)
卸価格はお問い合わせください。
商品番号 190607
約8.6吋
参考定価\450,000(本体)
卸価格はお問い合わせください。
商品番号 160303
約6.4吋
参考定価\300,000(本体)
卸価格はお問い合わせください
商品番号 090313-2
約8.2吋
参考定価\145,000(本体)
卸価格はお問い合わせください。
商品番号060806-1
 約6.4吋
参考定価\83,000(本体)
卸価格はお問い合わせください。
商品番号 180722-2
約5.5吋
参考定価\155,000(本体)
卸価格はお問い合わせください。
商品番号 20120730
約5.8吋
参考定価\110,000(本体)
卸価格はお問い合わせください。 
商品番号190329
約7.6吋
参考定価\240,000(本体)
卸価格はお問い合わせください。
商品番号100719-3 
約8.3吋
参考定価\220,000(本体)
卸価格はお問い合わせください
商品番号 
商品番号 110225-1
7吋強
参考定価220,000(本体)
卸価格はお問い合わせください
画像整い次第掲載いたします。
商品番号100124-1
約7.2吋
参考定価100,000
卸価格はお問い合わせください。
商品番号 180616-4
約5.4吋
参考定価\98,000(本体)
卸価格はお問い合わせください。
商品番号 180623-1
約4.4吋
参考定価\122,000(本体)
卸価格はお問い合わせください。
商品番号 
約 **吋
参考定価\*****(本体)
卸価格はお問い合わせください。
  
  
商品番号120902-1
約5.6吋
 
  正真の老坑(峡南爛柯山老坑)として契約し通関。
その契約単価に準じ設定した「参考定価」を掲載していましたが、20世紀も末を迎える1998年に発生した「老坑採掘済み原石盗難騒ぎ」に端を発する老坑「採掘禁止令」。
この発令により地元肇慶硯廠の採掘済み「老坑原石」は2013年ころには底をつき、正真の老坑原石で作硯した老坑硯の入手は困難になりました。
硯廠による時間差はありますが各硯廠とも2010年過ぎからの老坑契約は、「端渓原石」の主を占めるようになった「“沙浦坑区”原石」を以て作硯された硯が主になっています。
この「商品番号120902-11」は「正真の老坑」として契約し輸入したもので、その契約価格から換算した参考定価を掲載していましたが、石の状態に違和感を持ち、磨墨検査の結果「沙浦坑区原石」による老坑、と結論づけました。以下は、輸入=契約コストを無視し沙浦坑区老坑として設定した参考定価と直輸入元としての卸単価です。
契約価格に基づき設定した参考定価\255,000(本体)  ⇒ 石質検査鑑定後の前項理由による実販売価格=卸価格\55000(本体)
硯の品質(品質基本)
≪老坑硯に限らず端渓硯各坑、そして歙州硯、澄泥硯なども含め「写真」 「画像」「印刷物」などからそれらの本質を見極めることは基本的に不可能です。時として写真からの鑑定内容と現物を見ての鑑定内容とが合致することも あります。
しかしその合致は偶然の結果に過ぎません。
なぜなら、先ず何よりも硯の基本品質の差は「石そのものの粗密さの差( ⇒ 老坑採掘の現業員は端渓専門家中の専門家ですが彼らの採掘基準は石そのものの密度です)」であり、 石密度を写真や画像から鑑定することは不可能だからです。
先ず何よりも「各坑硯」共にその硯坑石の有する硯としての基本石質の確認からはじまり、次いで石そのものの粗密さの差(老坑採掘の現業員は端渓専門家中の専門家ですが彼らの採掘基準は石そのものの密度です)」を以て判別していきます。
端渓をはじめ各硯石ともにその石密度を写真や画像から鑑定することは不可能。原石現品の目視や手触りを含む経験に裏付けられた感性の確認が必須です。
更に、写真や画像などの見た目の密度、色などは同じ元画像でもある程度自由に調整できることも理由の一つに加えられます。
鑑定家と称する自称鑑定家の方々の中には「写真を一目見れば硯の品質を含む素性(全て)が分かる」と豪語さ れる方々もいらっしゃるようです。 どのように写真を見れば石の粗密さの判断が出来るのか誠に不思議な能力だと感じています。
もっとも、硯の本質(=石そのものの粗密さを含む硯としての基本石質=)には触れず、 或いはこの重要性を知りえず、金線(黄龍紋)・銀線・氷紋(氷裂紋)・魚脳凍、蕉葉白・青花・翡翠紋・ ・・・・金暈・金星・銀星・・など高名な石紋の有無や現れ方を硯の品質判断(鑑定)の第一とする「曾ての日本式鑑定方法」で鑑定をするのなら、石の本質判断と言う重要な目的からズレが生じる恐れが十二分にあるのですが、「写真などを見るだけ」で「判った積もり」になれるの かも知れません。≫
 
老坑(端渓のまことを伝えたい) 老 坑・精品 坑仔巌坑・精品 逸品麻子坑
掲載画像の色再現に努力を払いましたが完全ではありません。パソコン毎の再現色差もご容赦下さい。


↑上へ 商品紹介トップへ 問い合わせ |