印の方が印泥より大きい 、サァーッ、どうしよう。
篆刻用品、印材・印泥・・・トップ頁へ    H.Pトップへ

印 が 大 き く て 、 印 泥 が 付かない、押せない・・・・!!!
印材がどんなに大きくても、印泥がどんなに小さくても、印を押すのに問題はありません。
殊更に印合から盛り上げた「印泥」を別途求める必要もありません。
ノープロブレム!!     簡単です。
印が大きい時、印泥が小さい時の、これが常識、遥かな昔からズ〜ッとこうして使用されています。
1.サァッ、印を押そう
2.印が大きすぎて・・・・
3.問題有りません。
     ヘラで印泥を盛り上げて・・
4.このように・・ 簡単です。

 
5-1.印泥を持ち印面に ・・・
5-2.印材を持ち印泥に ・・・
6-1.印泥で軽く印面をたたき・・
6-2.印材を印泥に軽くたたき・・
5-1/5-2  6-1/6-2  どちらでも慣れに応じし易い方で・・ ご自由に
7.もう良いか・・・
.サァーッ、押してみよう。
9.上出来、上出来。
印泥の保管の仕方

戻る
↑上へ商品紹介トップへ問い合わせ |