筆の原毛について「兼毫」 筆の実(植物の実)? みなせトップへ 筆トップヘ
筆原毛トップへ


狼=鼬(いたち) 玉毛=猫 狸&狢(むじな) 鹿&山馬 羊毛(山羊) 
貂(てん) 猪 ( 豚 ?) 化学繊維/ポリアミド繊維(ナイロン) 筆の実  兼毫??  

 兼毫筆
「兼毫」 : 兼毫の「兼」と「毫」 
 「兼」 : かね合わせる。   「毫」 : 細い長い毛。 
「兼毫」が、筆の性質を示す言葉として何時から用いられたかは定かではありませんが、
筆の性質を示す「兼毫」の「兼」は「違う種類の原毛を混ぜ合わせること」を意味し、「兼毫」の「毫」は「弾力の有る筆」を意味し、「毫」の文字の本来意「細い長い毛」とは異なる使い方をされています。
「兼毫」筆の性質から、筆種「兼毫」の本来意を表す漢字で表すのなら「兼剛」が正解です。
「ケンゴウ」の「毫」は「剛」の当て字、或いは誤字として使用がはじまったようで「兼剛」が意味する「剛柔入り乱れる筆頭弾性の、剛の方向へ振れる筆種⇒弾力有る筆、の意味と同時に複数原毛を混ぜ合わせる毛組の一端を示す言葉」として使用されました。
以上のことで、書道筆で言う「兼毫」の「毫」本来の「細い長い毛」を意味するのではなく「剛」⇒「弾性豊かな筆」の意として使用されます。

また、「兼毫筆」と一言で表しましても原毛の組み合わせにより性質・品質ともにその巾は広く、実に多岐にわたる寸法・性質・品質を持ちます。
化学繊維筆』  急速に変化し進化した≪化学繊維筆≫の数々
戻る
↑上へ商品紹介トップへ問い合わせ |