筆 の 原 毛 に つ い て  筆の実(植物の実) みなせトップへ 筆トップヘ
筆原毛トップへ


狼=鼬(いたち) 玉毛=猫 狸&狢(むじな) 鹿&山馬 羊毛(山羊) 
貂(てん) 猪 ( 豚 ?) 化学繊維/ポリアミド繊維(ナイロン) 筆の実  兼毫??  

 兼毫筆
「兼毫」 : 兼毫の「兼」と「毫」 
⇒ 「兼」 かね合わせる。  
   「毫」 細い長い毛。 
筆の種類として用いる時、「兼毫」の「兼」は言葉通り「違う種類の原毛を混ぜ合わせること」を意味し、
「兼毫」の「毫」は「弾力の有る筆」を意味します。
この「兼毫」の「毫」は「毫」が本来持つ意味「細い長い毛」とは異なる使い方をされています。
「兼“毫”」は、本来「兼“剛”」であり、「毫」は「剛」が正解です。
筆頭の「弾性」を示す言葉「ケンゴウ」。
この「ケンゴウ」に現在多用される「毫」ですが、「毫」は「剛」の当て字、或いは誤字として使用がはじまり「兼“毫”」は「兼“剛”」が意味する「剛柔入り乱れる筆頭弾性の剛へ振れる性質の筆⇒弾力有る筆、そして毛組の一端を示す言葉」として使用されました。
よって「兼毫」は「毫」が持つ「細い長い毛」を意味するのではなく「剛」⇒「弾性豊かな筆」の意として使用されます。

「兼毫筆」と一言で表しましても原毛の組み合わせ内容、その性質・品質の差等々によりその寸法・性質・品質は実に多岐に渡ります。
化学繊維筆』  急速に変化し進化した≪化学繊維筆≫の数々
戻る
↑上へ商品紹介トップへ問い合わせ |