筆 の 原 毛 に つ い て  うさぎ みなせトップへ 筆トップヘ
筆原毛トップへ

狼=鼬(いたち) 玉毛=猫 狸&狢(むじな) 鹿&山馬 羊毛(山羊) 
貂(てん) 猪 ( 豚 ?) 化学繊維/ポリアミド繊維(ナイロン) 筆の実  兼毫??  

 兔 
(うさぎ)の筆のは、
ウサギの容姿から受ける雰囲気とは真逆の「剛毛」、それも弾力の強い筆の中でも特に強い部類に属します。 
筆や書に関する専門書と称するの書籍の一部、またはそれに類する書物に「兔(うさぎ)の筆は柔らかい。柔毛の代表。」などと説明されている例が数多くあります。
何時か昔、誰かが書いた“製筆にかかる本や、筆についての専門書と称する本”「兔(うさぎ)」の筆は柔毛、と掲載されている。次いで筆に関する何かを書こうとする人が参考文献をさがしこの本の記述を利用する
これが繰り返されます。次世代は、筆の専門書や参考資料を調べたが「兔の毛で造った筆は柔らかい性質」と書いてあった。だから兔の筆は柔毛筆なのだと思い込み敷き写しする。そして「柔毛兔(うさぎ)」は「剛毛」と評される・・・。 真実が伝わらない伝承パターンのひとつです
。 

兔の毛は弾力が特に強く、それに加えてよく選毛を為された毛先はザラザラ感が限りなく減少し無く滑らか、且つ弾性豊かなので「兔(うさぎ)の筆」は概ね好評です。
兔(うさぎ)の筆原毛としては二番手(少し質の劣る原毛)を使用するとこの毛先の特徴はかなり減損しやや粗く感じられることもあります。
筆造りの工程の初期段階で行う毛揉み作業(原毛の油分を取り去る作業)を強くしすぎても毛先の滑らかさが半減し、更に摩耗しやすくなります。   毛揉み作業の的確さは全ての原毛に当てはまります。

鼬と同様、小動物なので筆頭の出丈=軸から出ている筆の長さ=が40mm位前後までの小筆が主になります。

ほとんどが野ウサギの毛で、兔により「黒」「うす茶」などの色があります。
この「うす茶色」が白ウサギ=白毫(品質はウサギ毛の中で紫毫と花豪の間に位置づけられています)=と呼びます。
本来の「白ウサギ=白毫」は常識的な表現で言う白色ではありません。
白ウサギで作った代表的な唐筆に「写巻」「下筆春蚕食葉声」などがあります。
また、日本で言う黒色は更に区別し
@紫毫    
日本での常識的な表現では「黒色」です。
原産地である中国ではウサギの中で一番良い毛とされています。
「良い毛」ではありますが、同じ原毛で筆を作るにしても毛組により筆の性質は大きく変わり兔(うさぎ)の筆だから「筆の性質はこうだ」と言う限定された方向の筆が作られるというものではありません。
また、作る筆の性質とは別途、使用者の 好みにより「ウサギ」の筆が嫌いと言う場合もあります。
紫毫は 「精制大七紫三羊」「選豪円健」などの原毛である、との説明があります。この説明はこれらを製造している中国筆工場の製筆管理者の談です。
A花毫   
紫毫とほぼ同色ですが、毛の上部、切っ先のほんの一部に黒色は黒色ですが黒のなかにやや白さが感じられます。
中国では「花毫」を@の紫毫に準じる毛質と位置付けています。
「双料写巻」「極品写巻小楷」などに使われているとの説明です中国筆工場製筆管理者談

 ★ この紫毫と花毫の差は外観からではまず区別はつきません。
筆司として、毛の手触りによる感覚からでは「紫毫と花毫の毛先の滑らかさや弾力性はほぼ同じ。イヤ同じと言うよりも差は区別出来ないと言った方が適切かも、とも感じられます。只、紫毫の方がやや毛丈全体として細身で摩耗への抵抗力もやや強い。」と感じられます。ウサギの原毛はほぼ100%中国から入りますが中国での選毛の基準などは知りません。
が、前述とおり、中国筆工場の連絡では
《 紫毫は「精制大七紫三羊」「選豪円健」などに使われている 》
《 花豪は「双料写巻」「極品写巻小楷」などに使われている とのことですが、
   筆造りの経験から感じられる毛の特徴から、この一部は間違いで
《 紫毫は「双料写巻」「選豪円健」などに使われている 》
《 花豪は「精制大七紫三羊」「極品写巻小楷」などに使われている が正しいのではと思います。

「ウサギの毛」は同じ剛毛でも、製筆に当たっては「鼬」より楽に毛を取り扱え、作業が進みます。
21世紀に入る頃から 『化学繊維』が、それも急激な進化を遂げた化学繊維が擬似獣毛として、紫毫として利用されています。 急速に変化し進化した≪化学繊維筆≫の数々
戻る
↑上へ商品紹介トップへ問い合わせ |