筆 の 原 毛 に つ い て  狼=イタチ みなせトップへ 筆トップヘ
筆原毛トップへ

狼=鼬(いたち) 玉毛=猫 狸&狢(むじな) 鹿&山馬 羊毛(山羊) 
貂(てん) 猪 ( 豚 ?) 化学繊維/ポリアミド繊維(ナイロン) 筆の実  兼毫??  

 鼬(いたち)=狼
狼=鼬(いたち)
筆原毛について、特に多くいただく質問は「狼/狼毫」と表示される原毛についてです。
中国で、最近は日本でも一部の関係者が筆の原毛として「狼/狼毫」と表現する、または筆名の一部として筆軸に彫刻する「狼/狼毫」、これは「オオカミ/オオカミの毛」を指すのではなく日本語訳では「鼬=(いたち)」を指します。
「鶏豪」「豹毫」「鹿毫」「北毫」などとと呼ばれる、そして筆軸に彫刻される「」は中国語の「」であって、日本語では「」のことで、それぞれの※※狼は中国でく区別する「の種類」です。  
ちなみに、中国で「黄鼠狼」と呼ばれている「狼」が、日本の製筆関係者の間で言う「日本鼬=(いたち)」と同種の鼬です。
    
2012年10月半ば、
書道の専門書も出版される某有名出版社様の「書道辞典」に「狼毫:犬の毛を用いた筆」と掲載されていることを知りました。
  日本語の「鼬 イタチ」は中国では「狼毫」と記し、この狼毫の上部に「狼毫」といろいろな文字が加えられ「黄鼠狼」「豹狼毫」「北狼毫」「鹿狼毫」・・・等の多様なイタチの種類を区分けし表しています。
「狼毫」、即ち「狼」の日本語訳は「オオカミ」、「狼毫」は「オオカミの毛」であり、この直訳「オオカミの毛」から「狼毫=犬の毛を用いた筆」と記述されたのだと推測します。
「狼」の「毫(⇒毫の本来の意味は“細い長い毛”」ですので「狼毫はオオカミ(狼)」の毛、つまりは「犬の毛」と誤解されそのまま記述されたのでしょう。
筆の原毛で「狼毫」と表現する時、それは中国語の借用であり中国書道業界との交流が盛んになりつつあった1960年代半ば頃から少しずつ日本の製筆界、書道業界に浸透してきた原毛の表現です。
現在の日本の書道業界、とりわけ製筆業界で「狼毫」と言えば「イタチ毛」を指す。これは十二分に浸透しています。
狼毫、即ち「イタチの毛」は「猫目に含まれる哺乳類」であり「犬 イヌ属」ではありません。
 
日本鼬 ( 鼬は尻尾を使います)
猫じゃらしみたいでしょ。
性質は剛毛、しかし剛毛の中では中ぐらいの堅さと言えます。
更に、個々の鼬種・雄雌により弾力の差が大きい原毛で、製筆するときの手触りなどは柔毛のごとき感覚を受け、剛毛としては製筆に少し手間が掛かります。このしなやかさが墨含みの良さをもたらすようです。
筆に使用される毛の部位は「尻尾」です。

同種の鼬で比べると「雄鼬」の毛は雌鼬と比べると倍近く長く、更に弾力に富みます。「雌鼬」の毛は剛毛とされる鼬にしては柔らかい感じを受けます。雌鼬の毛だけで筆を作ると、充分弾力ある筆には仕立てにくいこともあり、雄鼬を主に作る筆の穂先には届かない短い構造部に入れ使用することが多くなります。

小動物なので主として筆頭の出丈=軸から出ている筆の長さ=が30mm位前後までの小筆が主になります。
何千匹もの鼬から長い毛を集め、時には長いものが出来ることがあります。
現在が確保している鼬筆頭の最長は軸からでている筆頭の長さが約90oあります。
この丈は鼬としては異常な長さと言えます。
筆頭の軸から出ている長さ90o。
私が今まで見た、そして手がけた鼬の中で一番長い筆です。
中国の懇意な公司が、やっと出来たとこの最長90oのものを先頭に、短いものでも70oもある鼬の筆、3年越しで集めた毛で出来た全量だとまとめて納品してくれました。

筆頭の軸から出ている長さ70o。
これでも鼬の筆では滅多にお目にかかれない大きさです。
この大きさでさえ、今回着いたうちでは一番小さいのです。

参考:唐筆で、鼬の既製品の最大とされる北京製の「被狼毫書画1号」は筆頭の長さ約65o、有名な上海工芸の「特制豹狼毫大提筆」は約45oです。

化学繊維筆』  急速に変化し進化した≪化学繊維筆≫の数々
戻る
↑上へ商品紹介トップへ問い合わせ |