山馬、山馬筆、山馬とは⇒水鹿、インドやベトナム、中国南部山間部の湖に住む『水鹿』が『山馬』でした。
   インド語では『サンバー』、日本では同音発音の漢字「山馬」が当てられました。

筆 の 原 毛 に つ い て   山馬 & 鹿 みなせトップへ 筆トップヘ
筆原毛トップへ


狼=鼬(いたち) 玉毛=猫 狸&狢(むじな) 鹿&山馬 羊毛(山羊) 
貂(てん) 猪 ( 豚 ?) 化学繊維/ポリアミド繊維(ナイロン) 筆の実  兼毫??  

 山馬へ  &  鹿へ  「山馬筆」へ
鹿の毛には「夏毛」「冬毛」があります。言葉通り毛を採る時期から名付けられたもので冬毛の方がシッカリしています。 鹿の冬毛です。
これも猫毛同様、鹿毛を入れている梱包からつまみ出したのですが、写真を撮る時もう少し毛を整えたらきれいに写っていたの・・・・にと思います。
きれいに揃った鹿毛の模様は美しいのです。

鹿毛の筆とよく言いますが、私の経験では鹿毛は小筆の短い部分(筆先に影響を与えない根本部分)に入れることがほとんどです。
鹿毛の特性として、毛が中空で節があり脆い=折れやすいことが挙げられます。毛先はシッカリしていて脆くはないのですが、胴体部分から根元部分にこの特性を持ちます。
更に、筆の先まで届く毛として使用するには、短かいものが多く、また長さに比べ毛質は太い、しかし墨持ちはよいので、筆を
太くするための「あん」として使用することがほとんどです。

あん:
私の父山口武美を含む有馬筆の先輩職人達が使っていた言葉で、筆の根本に入れる毛。
筆の本質とは関係ないが、筆を太くし、更に墨持ちをよくするのに適した安価な毛が使用されました。産地や職人グループが異なれば呼び方も違う場合がある思います。中国製の一部の筆では、草の繊維を「あん」の役目にあてているものもあります。

 『山馬(筆)』とは、亜熱帯の山岳地帯、それも湖の畔に住む大型の鹿「中国名で“水鹿=シュイルゥー”、インド名で“サンバー”」の毛(で作った筆)のことで、生息地域によりこの鹿の呼び名は異なります。
主な生息地は中国南部広東省や雲南地区、そしてインドやインドネシアなどです。
中国では「水鹿=シュイルゥー」と呼び、インドでは「サンバー」と呼びます。
日本へはインド発音の「サンバー」のまま伝わり「山馬」の漢字が当てられました。
「山馬」がインドから直接伝わったか、中国或いは別のルート経由で伝わったかは不明です。

しかし、この特別大型の鹿=インド名「サンバー」を「山馬 サンバ」と当て字にしたのですから、インドから直接、或いはインドの勢力圏を経由して日本へ伝わったと考えるのが自然です(中国名は「水鹿シュィルゥー」)。
当て字として、まあ見事にその動物の形態をあらわす山馬という字を当てたものです。

余談ですが日本の俗説の一つに、中国の水鹿と言う言葉には「馬鹿」と言う意味もあると聞き及び、中国の筆関係者に尋ねてみました。すると大笑いして「中国語の水鹿という言葉にそんな意味はない。初めて聞いた」と言っていました。

また、日本では、長らく多くの製筆関係者がこの動物を限定出来ず「トナカイ、カモシカ、牛、ムジナ、特別な馬、またはこれらの混毛」などと説明することが多かったのですが、私の製筆経験から山馬原毛の特性、「山馬」と呼ぶ動物の毛の特性は「鹿毛」と同様の特徴、毛に複数の節状の中空部分がありそこが折れやすい、である、を知っていましたことから、山馬は「鹿毛」と同様の性質を持った“中空部分”が顕著に表れている、これにより山馬とは「大型の鹿」ないしは「鹿」に属する動物の毛です、との説明をしてきました。

2003年11月6日、日本在住の華僑を通訳に弊社の筆を求めに来社された元中国(香港)籍で、現在はオーストラリア籍の「郭 志剛」氏、彼が香港に出るまで過ごしたのは中国広東省、それも水鹿が棲息している地でした。
実際に水鹿を幾度となく見てきた郭 志剛氏は「水鹿は鹿としては本当に大きい。牛ぐらいの大きさは充分あり、自分が住んでいた中国南部の広東省韻関地域(広東省北部)の山岳地帯、それも湖の辺に住んでいる。
体が大きいため動きがゆっくりしているように見えるので“鈍感”なような印象も受けるが、その“水鹿”という言葉自体に馬鹿という意味はない。また鈍感な動物でもない。韻関に似た地理的条件の“雲南筆関係者の間では、この雲南の山岳地帯がサンバの生息地とされています”にいるとしても不思議ではない」と言っています。
山馬=水鹿の姿をとらえた動画です。 “ 広島ホームテレビに掲載されていました ”
動画は こちら です。 
アメリカやカナダ産の「大鹿」の毛、これも上記の日本の鹿毛よりかなり長い毛なので半紙に漢字4字書きくらいの大きさの筆や、時にはもっと大きな字を書く筆の製造が可能です。
日本で「山馬」と呼ばれる筆原毛、水鹿の毛はワシントン条約により国際間の移動が禁止され今では貴重品になっています。
これが主原因で1985年前後から「ムジナ」や「猪」、「馬」などの剛毛を混ぜ、上毛=筆頭の芯の外に巻く化粧毛=に山馬の毛のように見える「馬の足毛」「狢=黒い毛が多い=と茶&白の馬毛の混毛」などを使用するなどのやり方で、名前だけの「山馬筆」が流通していますい。また1980年代後半頃から中国は「山馬」と銘打った筆でありながら、馬と狢、時として猪の毛を混ぜた筆を出荷しています。

山馬に近い弾力と見た目の感じを表すにはこの混毛が一番手っ取り早い方法だと思います。
今回「水鹿」について尋ねた中国の筆関係者のうちの一人はこの模造山馬筆「馬と狢&猪の混毛筆」をこれが山馬筆だと言っていました。
本人は模造品を本物と信じているようです。
  ★ムジナの毛を主体に毛組し、化粧毛(上毛)に馬毛をうまく混毛、外観を山馬筆に似せ、書き味も一般的な山馬筆の書き味に製筆した「筆」が出来ています。 「居玩」 と名付け発売中です。
★馬の毛がほとんどですが「本当の山馬」を少し混ぜ作った「山馬筆」。
弊社旧知のの筆司さんが山馬原毛の現物を少し持っていますのでその筆司さんに依頼し作ってもらった「山馬筆」はこちらです。

 「山馬の動画」は広島ホームテレビホームページ“ トップ⇒地球派宣言⇒キャンペーンCM⇒過去のキャンペーンCM の画面中「インド編」 ”で偶然見つけました。
この頁で取り上げられた内容は一定の時間経過により更新・消去される様子でしたので「保存」しました。
この動画で見る「水鹿=サンバー」の『姿・形』は日本の鹿と何ら変わりませんが、動画上でサンバーの大きさを比較するものがサンバーの背中に乗っている鳥ぐらいなもので、その鳥の大きさが判りませんのでサンバーの大きさはハッキリしません。サンバー=水鹿を実際に見た郭 志剛氏の話では「とても大きい、牛ぐらいは充分ある」ですから、鹿としては本当に大きなものなのでしょう。

この資料と今までの資料をまとめますと「山馬 サンバ =中国読み シャン マァー」 とはインド、インドネシア、中国南部などの山岳地帯を中心に広範囲に渡って棲息している大型の鹿のことで、日本語の語源はインド語のこの動物の呼び名「サンバー」です。
それと同じ動物を中国では「水鹿=中国読み シュィルゥー」と名付けていますが、南部の山岳地帯にのみ棲息していたため一般にはあまり知られていません。
日本へはインド発音の「サンバー」のまま伝わり「山馬」の漢字が当てられました。
当初の原毛がインドから直接伝わったか、中国或いは別のルート経由で伝わったかは不明です。
「サンバー」を原毛にした日本の筆「山馬筆」が中国に里帰りするまでに、中国でもこの毛を使った筆が作られたと仮定するなら、その筆の原毛として「水鹿」ではない別の動物名が当てはめられていたと考えられますが記録は残っていません。
「サンバー」を原毛として造られた筆が「山馬筆」として中国へ里帰りし、元々の中国語での「水鹿」とは別の動物の毛としての間違った認識のまま筆生産者の間に定着したようです。
中国製筆関係者の一部にしろ「日本で言う山馬筆」は「中国では“水鹿”と言う動物の毛で作った筆」と正確に認識しだしたのは1990年後半頃からです。
山馬筆の原毛は一部で言われてきた「トナカイ、カモシカ、牛、ムジナ、特別な馬、またはこれらの混毛」などではなく山馬筆の毛の特徴が示していた通り正しく「鹿の一種」だったのです。
化学繊維筆』  急速に変化し進化した≪化学繊維筆≫の数々
戻る
↑上へ商品紹介トップへ問い合わせ |